TOP > カテゴリ > Excel >

プロジェクトエクスプローラーの操作方法[ExcelのVBA]

操作対象

Visual Basic Applications(VBA)の緑線で囲まれた部分を使用します。

※緑線で囲まれた部分がプロジェクトエクスプローラーです。

MDIウインドウの操作

プロジェクトエクスプローラーの前にWindowsのMDIウインドウについて解説します。MDI(Multiple Document Interface)とは親ウインドウ内に子ウインドウが複数表示される事です。

では、プロジェクトエクスプローラーの「Sheet1」と「ThisWorkbook」をダブルクリックしてください。

「Sheet1」と「ThisWorkbook」のコードウインドウが表示されます。

次の図のようにコードウインドウのタイトルをダブルクリックします。

するとコードウインドウが全画面になりましたね。プログラムを記述する際にはこうやって全画面で入力するとプログラミングがやりやすいです。

元に戻すには次の図の青線で囲まれた部分をクリックします。

その他の方法としてはVBAの左上にあるアイコンをクリックして「元のサイズ」でも元に戻す事が可能です。

ツールバー

プロジェクトエクスプローラーのツールバーのボタン操作です。

左から順に「コードの表示」「オブジェクトの表示」「フォルダーの切り替え」となります。

コードの表示

選択されたSheetやThisWorkbbokなどのコードを表示します。

オブジェクトの表示

選択されたSheetやフォームのオブジェクト(コントロール)を表示します。Sheetの場合はエクセルを表示します。フォームの場合はフォームのコントロールを表示します。

フォルダーの切り替え

フォルダーの表示・非表示の切り替えとなります。

フォーム/標準モジュール/クラスモジュールの追加

VBAのツールバーから図で表示された「ユーザーフォーム」「標準モジュール」「クラスモジュール」をクリックして追加します。

追加するとプロジェクトエクスプローラーはこのようになります。

※フォルダーの設定が非表示の場合はフォルダーは表示されません。

ユーザーフォームはコントロールを配置する画面です。コントロールは「ツールボックス」からペタペタ貼り付けて画面を完成させます。

標準モジュールは汎用性があるSubプロシージャ(手続き)やFunctionプロシージャ(関数)や定数などを定義します。

クラスモジュールは汎用性があるPropertyプロシージャ(プロパティ)やSubプロシージャ、Functionプロシージャ、定数などを定義します。

ポップアップメニュー

SheetやThisWorkbookなどを選択してマウスの右クリックを押すとポップアップメニューが表示されます。

ポップアップメニューを順に解説していきます。

コードの表示

選択対象のコードを表示します。

オブジェクトの表示

選択対象のオブジェクトを表示します。※Sheet、フォームのみ有効。

VBAProjectのプロパティ

プロジェクトのプロパティを表示します。

挿入

フォーム/標準モジュール/クラスモジュールを挿入します。

ファイルのインポート

ファイルをインポート(読み込む)します。

ファイルのエクスポート

選択対象をエキスポート(保存)します。

○○○の解放

選択されたフォーム、標準モジュール、クラスモジュールを削除します。SheetとThisWorkbookは削除できません。

印刷

印刷します。

ドッキング可能

ウインドウのドッキング設定です。

非表示

プロジェクトエクスプローラーを非表示にします。改めて表示するには「表示」メニューの「プロジェクトエクスプローラー」で表示できます。

Visual Basic Applicationsの画面操作

各機能名称
プロジェクトエクスプローラーの操作方法
メニュー(ファイル)の操作方法
メニュー(編集)の操作方法
メニュー(表示)の操作方法
メニュー(挿入)の操作方法
メニュー(書式)の操作方法
メニュー(デバッグ)の操作方法
メニュー(実行)の操作方法
メニュー(ツール)の操作方法
ツールバーの操作方法
イベントの追加方法

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月10日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01021