TOP > カテゴリ > Excel >

ツールバーの操作方法[ExcelのVBA]

操作対象

VBAの「ツールバー」を使用します。

左から順に解説します。

表示 Microsoft Excel

Microsoft Excelを表示します。

ユーザーフォームの挿入

ユーザーフォーム/標準モジュール/クラスモジュール/プロシージャを挿入します。

上書き保存

ファイルを上書き保存します。

切り取り

対象を切り取ります。

コピー

対象をコピーします。

貼り付け

対象を貼り付けます。

検索

プロジェクト内から文字列を検索します。

元に戻す

直前の操作を元に戻します。

やり直す

直前の操作をやり直します。

Sub/ユーザーフォームの実行

Subプロシージャまたはユーザフォームを実行します。

中断

プログラムを中断します。

リセット

プログラムをリセットします。

デザインモード

エクセル側のデザインモードのオン/オフを切り替えます。

プロジェクトエクスプローラー

プロジェクトエクスプローラーを表示します。

プロパティウインドウ

プロパティウインドウを表示します。

オブジェクトブラウザー

オブジェクトブラウザーを表示します。※閉じるには右上の「X」ボタンを押します。

ツールボックス

ツールボックスを表示します。※ユーザーフォームが表示されている時のみ有効。

メモ

ツールバーの操作内容はメニューと同様です。

Visual Basic Applicationsの画面操作

各機能名称
プロジェクトエクスプローラーの操作方法
メニュー(ファイル)の操作方法
メニュー(編集)の操作方法
メニュー(表示)の操作方法
メニュー(挿入)の操作方法
メニュー(書式)の操作方法
メニュー(デバッグ)の操作方法
メニュー(実行)の操作方法
メニュー(ツール)の操作方法
ツールバーの操作方法
イベントの追加方法

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月13日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01036