TOP > カテゴリ > Excel >

メニュー(挿入)の操作方法[ExcelのVBA]

操作対象

VBAの「挿入」メニューの緑線で囲まれた部分を使用します。

プロシージャ

Sub/Function/Propertyプロシージャを作成します。

「Public/Private」の違いはプロシージャの有効範囲(スコープ)です。Publicは「どこからでも」呼び出せるに対してPrivateは「同一コード内でのみ」呼び出す事が可能です。

「Static」はVBAが終了するまで永続的に変数の値を保持します。

このようなプログラミング的な要素は「Visual Basicの基礎」でご紹介しますので今は覚えなくても良いです。

ユーザーフォーム

ユーザーフォームを作成します。

標準モジュール

標準モジュールを作成します。

※コードはあくまでも例です。

クラスモジュール

クラスモジュールを作成します。

※コードはあくまでも例です。

ファイル

任意のファイルをコードへ読み込みます。

メモ

ユーザーフォーム、標準モジュール、クラスモジュールの名前を変更するにはプロパティの「オブジェクト名」を変更すると名前を変更する事ができます。

この「名前の変更」は忘れがちなので覚えておきましょう。

Visual Basic Applicationsの画面操作

各機能名称
プロジェクトエクスプローラーの操作方法
メニュー(ファイル)の操作方法
メニュー(編集)の操作方法
メニュー(表示)の操作方法
メニュー(挿入)の操作方法
メニュー(書式)の操作方法
メニュー(デバッグ)の操作方法
メニュー(実行)の操作方法
メニュー(ツール)の操作方法
ツールバーの操作方法
イベントの追加方法

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月11日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01027