TOP > カテゴリ > Excel >

イベントの追加方法[ExcelのVBA]

事前準備

エクセル側とVBAのユーザーフォームにボタンを追加します。

エクセル側

「ボタン(ActiveXコントロール)」を配置します。

VBA側

プロジェクトに「ユーザーフォーム」を追加して「コマンドボタン」を配置します。

エクセル側

ボタンのクリックイベントは「デザインモード」をオンにしてボタンをダブルクリックすれば追加可能ですが、ここではその他の方法でイベントを追加する方法をご紹介します。

イベントの追加

イベントを追加するには対象のシートをダブルクリックします。
※例ではSheet1

青線で囲まれた「General」から「CommandButton1」を選択します。

すると自動的にボタンのクリックイベントが追加されます。

ボタンのその他のイベントを追加する場合は「Click」の部分を変更します。

使用しないイベントのプログラムコードは丸ごと削除してもOKです。また、その他のコントロールも同様にイベントを追加できますので試してくださいね。

Generalはオブジェクト(コントロールを含む)、DeclarationsにはGeneralのイベントを選択する事が可能です。

※Generalはジェネラルと読み、Declarationsはデクレーションズと読みます。

ThisWorkbookにはWorkbookというオブジェクトがありイベントが追加可能です。また、各SheetにはWorksheetというオブジェクトがありこちらもイベントを設定可能です。



※Workbookはエクセルのファイルを開いた時などのイベント、WorkSheetはエクセルのシートに関するイベントを設定できます。Workbook/WorkSheetはエクセルのVBA固有のオブジェクトです。

VBA側のイベントの追加方法

VBA側のイベントを設定するにはユーザーフォームのコードを表示してから設定します。コードの表示はプロジェクトエクスプローラーでユーザーフォーム(UserForm)を選択後に右クリックをして「コードを表示」を選択します。

あとはエクセル側の操作と同様となります。

ボタンなどコントロールのイベントだけではなく「ユーザーフォーム(UserForm)」にもイベントが設定可能です。

※厳密にはユーザーフォームもコントロールの分類となります。

メモ

各コントロールのイベントの詳細は「Visual Basicのコントロール」でご紹介しますが、その前に予習をしたい方は「MsgBox関数」を使うとイベントがどのタイミングで実行されるかを確認できます。

Visual Basic Applicationsの画面操作

各機能名称
プロジェクトエクスプローラーの操作方法
メニュー(ファイル)の操作方法
メニュー(編集)の操作方法
メニュー(表示)の操作方法
メニュー(挿入)の操作方法
メニュー(書式)の操作方法
メニュー(デバッグ)の操作方法
メニュー(実行)の操作方法
メニュー(ツール)の操作方法
ツールバーの操作方法
イベントの追加方法

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月13日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01037