TOP > カテゴリ > Excel >

エクセルでXMLファイルを読み書きする[ExcelのVBA]

事前準備

サンプルのXMLスキーマ(XML Schema)ファイルをダウンロードします。XMLスキーマとはXMLの文章構造を定義するスキーマファイルとなります。

excel_vba_3.xsd 677 バイト (677 バイト)

ファイルの中身はこのようになっています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
<xs:element name="Root">
 <xs:complexType>
  <xs:sequence>
   <xs:element name="レコード" maxOccurs="unbounded">
    <xs:complexType>
     <xs:all>
      <xs:element name="果物">
       <xs:simpleType>
         <xs:restriction base="xs:string" />
       </xs:simpleType>
      </xs:element>
      <xs:element name="価格">
       <xs:simpleType>
        <xs:restriction base="xs:integer" />
       </xs:simpleType>
      </xs:element>
     </xs:all>
    </xs:complexType>
   </xs:element>
  </xs:sequence>
 </xs:complexType>
</xs:element>
</xs:schema>

※詳細はXMLスキーマ(Wikipedeia)XML Schemaで単純型要素を定義する(@IT)をご覧ください。

操作対象

リボンの「開発」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

XMLの読み書き

エクセルでユーザーがXMLを直接編集できるようにします。
※記事の都合上、インポートからではなくXMLスキーマ、エクスポート、インポートの順で解説します。

XMLスキーマの読み込み

最初に「ソース」アイコンを押します。すると画面右側に「XMLソース」が表示されます。

次に「XMLの対応付け」ボタンをクリックします。

「XMLの対応付け」ダイアログが表示されますので「追加」ボタンで先程、ダウンロードした「excel_vba_3.xsd」を読み込んでOKボタンを押します。

すると、「XMLソース」に読み込んだスキーマファイルが表示されます。

XMLのエキスポート(保存)

次に「Root」をドラッグしてB2付近のセルへドロップします。

そして、緑枠で囲まれた部分でマウスを押しながら下へ移動してテーブルを3つぐらいにします。


次にテーブルにデータを入力します。

「エクスポート」アイコンを押して任意のファイル名でXMLファイルを作成します。

※ここで次章の「XMLのインポート」をする為にテーブルのデータをクリアします。

XMLのインポート(読み込み)

「インポート」アイコンで先程、作成したXMLファイルを読み込みます。

Excel2013からは「XMLスキーマ」を読み込まずにいきなり「XML」ファイルをインポートすると自動的にXMLスキーマを作成してくれるようになりました。

これによりXMLの知識がなくてもエクセルがあればXMLファイルを簡単に編集する事が可能となりました。

対応付けのプロパティ

「対応付けのプロパティ」アイコンをクリックするとXMLに関する設定が出来ます。

拡張パック

「拡張パック」アイコンをクリックするとXML拡張パックに関する設定が出来ます。

データの更新

「データの更新」アイコンをクリックするとインポートされたファイルから最新情報を読み込みます。

ドキュメントパネル

「ドキュメントパネル」アイコンをクリックすると「ドキュメント情報パネル」をカスタマイズする事が可能です。

「ドキュメント情報パネル」は「ファイル」メニューの「情報」の「プロパティ」「ドキュメントパネルを表示」

をクリックすると表示されるパネルの事です。

メモ

今回の記事はVBAとは関係ありません。エクセルの基本(初級)から続いているエクセルの操作解説となっております。

Excelの画面操作

Visual Basic(VBA)の表示とアドイン
ActiveXコントロールの使い方
エクセルでXMLファイルを読み書きする

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月09日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01017