TOP > カテゴリ > Excel >

文字列の配列を指定した区切り文字で結合して返す - Join関数 [ExcelのVBA]

Join関数

Join関数は文字列の配列を指定した区切り文字で結合して返すを作成します。

分類配列

書式

Join(sourcearray[,delimiter])

sourcesrray(必須)対象の配列
delimiter(省略可能)区切り文字。省略した場合は半角スペースが挿入されます。

使用例

Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim list As Variant
  Dim result As String
  
  ' 配列の作成
  list = Array("りんご", "メロン", "みかん")
  
  ' 区切り文字を「-」にして配列を文字列に変換する
  result = Join(list, "-")
  
  ' 内容を出力
  Debug.Print result
 
End Sub

イミディエイトに「りんご-メロン-みかん」が出力されます。

Visual Basicの配列関数

関数名内容
Array配列の要素を指定して配列を作成する
Filter文字列の配列から指定した文字列を含む配列を返す
Join文字列の配列を指定した区切り文字で結合して返す
LBound配列の添え字の最小値を返す
Split区切り文字で区切られた文字列から配列を作成する
UBound配列の添え字の最大値を返す

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年07月09日
記事NO:01171