TOP > カテゴリ > Excel >

配列の添え字の最大値を返す - UBound関数 [ExcelのVBA]

UBound関数

UBound関数は配列の添え字の最大値を返します。

分類配列

書式

UBound(arrayname[,dimension])

arrayname(必須)対象の配列
dimension(省略可能)配列の次元を指定する。省略した場合は1となる

使用例

Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim list(2, 3 To 5) As Long
  Dim result As Long
  
  ' 1次元目の添え字の最大値を取得する
  result = UBound(list)
  Debug.Print result
  
  ' 2次元目の添え字の最大値を取得する
  result = UBound(list, 2)
  Debug.Print result
 
End Sub

イミディエイトには一行目は「2」、二行目は「5」と出力されます。

Visual Basicの配列関数

関数名内容
Array配列の要素を指定して配列を作成する
Filter文字列の配列から指定した文字列を含む配列を返す
Join文字列の配列を指定した区切り文字で結合して返す
LBound配列の添え字の最小値を返す
Split区切り文字で区切られた文字列から配列を作成する
UBound配列の添え字の最大値を返す

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月09日
記事NO:01174