TOP > カテゴリ > Excel >

イメージの使い方 [ExcelのVBA]

イメージ

「イメージ」は画像を表示するコントロールです。

イメージで読み込めるファイルはビットマップ (*.bmp)、GIF(*.gif)、JPEG(*.jpg)、アイコン(*.ico)、カーソル(*.cur)、メタファイル(*.wmf)、拡張メタファイル(*.emf)、ランレングス(*.rle)です。

正式名称Image

コード例

次のコードはデスクトップにある「test.gif」ファイルを読み込んでイメージに表示しています。

Private Sub CommandButton1_Click()

  ' イメージへ画像を設定する
  ' ※「ユーザー名」の部分にはあなたのユーザー名を記述します。
  Image1.Picture = LoadPicture("C:\Users\ユーザー名\Desktop\test.gif")
  
  ' イメージのサイズを画像のサイズに変更する
  Image1.AutoSize = True
  
End Sub

[結果]

※このデスクトップのパスはWindows7のものです。OSが異なるとパスが異なる場合がございますので了承ください。また、画像を「リソース」としてエクセルの中に取り込みたい場合は「プロパティ」ウインドウのPictureから画像を設定します。

Wikipediaで補足:リソース

プロパティの一覧

プロパティ内容
AutoSizeコントロールのサイズを自動的に文字列に合わせる
BackColorコントロールの背景色
BackStyleコントロールの背景スタイル
BorderColorコントロールの枠線色
BorderStyleコントロールの枠スタイル
ControlTipTextコントロールのチップテキスト(ヒント)の設定
Enabledコントロールの使用設定(True/False)
Heightコントロールの縦幅
Leftコントロールの表示位置(画面の左幅)
MouseIconマウスアイコンの設定
MousePointerマウスポインターの設定
Pictureコントロールの画像設定
PictureAlignment画像の表示位置
PictureSizeMode画像の拡大縮小
PictureTiling画像をタイル形式にする
SpecialEffectコントロールの表示スタイルの設定
Tag任意の文字列を設定(String型)
Topコントロールの表示位置(画面の上幅)
Visibleコントロールの表示設定(True/False)
Widthコントロールの横幅

※プロパティの基本的な使い方は「プロパティの使い方」をご覧ください。

イベントの一覧

イベント内容
BeforeDragOverコントロールへファイルをドラッグ中。
BeforeDropOrPasteコントロールへファイルをドロップした。
Clickコントロールをクリックした。
DblClickコントロールをダブルクリックした。
Errorコントロールでエラーが発生した。
MouseDownコントロール上でマウスのボタンを押した。
MouseMoveコントロール上でマウスが移動した。
MouseUpコントロール上でマウスのボタンを離した。

※イベントの基本的な使い方は「イベントの使い方」をご覧ください。

Visual Basicのコントロール

共通操作
 プロパティの使い方 イベントの使い方

ラベル
テキストボックス
コンボボックス
リストボックス
チェックボックス
オプションボタン
トグルボタン
フレーム
コマンドボタン
タブストリップ
マルチページ
スクロールバー
スピンボタン
イメージ
ユーザーフォーム

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年07月01日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01096