TOP > カテゴリ > Excel >

オプションボタンの使い方 [ExcelのVBA]

オプションボタン

「オプションボタン」は複数の項目から一つを選択するコントロールです。コントロールの仕様上、オプションボタンは必ず2つ以上を配置する必要があります。

正式名称OptionButton

コード例 - 基本操作

次のコードはコマンドボタン1で「4つのオプションボタンを2つのグループ」にわけて、コマンドボタン2でその選択値を出力します。

Private Sub CommandButton1_Click()
  
  ' OptionButton1/2を「petit」グループにする
  OptionButton1.GroupName = "petit"
  OptionButton2.GroupName = "petit"
  
  ' OptionButton3/4を「monte」グループにする
  OptionButton3.GroupName = "monte"
  OptionButton4.GroupName = "monte"

  ' オプションボタンはグループの中で一つだけ選択できます。
  ' 上記のようにグループ分けする事によって
  ' ・「petit」グループで一つ選択できます
  ' ・「monte」グループで一つ選択できます
    
  ' このボタンを押さない限り、全てのオプションボタンは
  ' 一つのグループとみなされ4つのうち一つしか選択できません。
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()

  If OptionButton1.Value = True Then
    Debug.Print "OptionButton1が選択されています。"
  End If
  
  If OptionButton2.Value = True Then
    Debug.Print "OptionButton2が選択されています。"
  End If
  
  If OptionButton3.Value = True Then
    Debug.Print "OptionButton3が選択されています。"
  End If
  
  If OptionButton4.Value = True Then
    Debug.Print "OptionButton4が選択されています。"
  End If
  
End Sub

[結果]

プロパティの一覧

プロパティ内容
Acceleratorコントロールのアクセラレータ(ショートカットキー)を設定する。英数字1文字を設定可能。実行時はAlt+設定したキーで実行できます。
Alignmentコントロールのアライメント(位置)の左右設定
AutoSizeコントロールのサイズを自動的に文字列に合わせる
BackColorコントロールの背景色
BackStyleコントロールの背景スタイル
Captionコントロールの表示名
ControlSource「Sheet1!A1」などのようにシートの値を設定する。
ControlTipTextコントロールのチップテキスト(ヒント)の設定
Enabledコントロールの使用設定(True/False)
Font文字列のフォントの設定
ForeColor文字列の表示色の設定
GroupNameコントロールにグループ名を設定する。使い方は複数のコントロールに同一名のグループ名を設定して使用する。主にオプションボタンで使用される。
Heightコントロールの縦幅
HelpContextIDヘルプのコンテキストIDの設定
Leftコントロールの表示位置(画面の左幅)
Lockedコントロールの編集設定(オン/オフ)
MouseIconマウスアイコンの設定
MousePointerマウスポインターの設定
Pictureコントロールの画像設定
PicturePosition画像の表示位置
SpecialEffectコントロールの表示スタイルの設定
TabIndexタブインデックス。タブキーを押した時の順番を設定する
TabStopタブキーを押した時に止まるかの設定
Tag任意の文字列を設定(String型)
TextAlign文字列の表示形式を設定する
Topコントロールの表示位置(画面の上幅)
TripleStateNULL値を設定(オン/オフ)
Valueコントロールの値の設定
Visibleコントロールの表示設定(True/False)
Widthコントロールの横幅
WordWrap文字列を自動的に折り返すかどうか

※プロパティの基本的な使い方は「プロパティの使い方」をご覧ください。

イベントの一覧

イベント内容
AfterUpdate(コード上で)コントロールのデータを変更した後に発生する。
BeforeDragOverコントロールへファイルをドラッグ中。
BeforeDropOrPasteコントロールへファイルをドロップした。
BeforeUpdate(コード上で)コントロールのデータを変更する前に発生する。
Changeコントロールの値が変更された。
Clickコントロールをクリックした。
DblClickコントロールをダブルクリックした。
Enterコントロールにフォーカスが移る時。
Errorコントロールでエラーが発生した。
Exitコントロールのフォーカスが別のコントロールに移る時。
KeyDownコントロール上でなんらかのキーを押した。
KeyPressコントロール上で英数字記号キーを押した。
KeyUpコントロール上でなんらかのキーを離した。
MouseDownコントロール上でマウスのボタンを押した。
MouseMoveコントロール上でマウスが移動した。
MouseUpコントロール上でマウスのボタンを離した。

※イベントの基本的な使い方は「イベントの使い方」をご覧ください。

Visual Basicのコントロール

共通操作
 プロパティの使い方 イベントの使い方

ラベル
テキストボックス
コンボボックス
リストボックス
チェックボックス
オプションボタン
トグルボタン
フレーム
コマンドボタン
タブストリップ
マルチページ
スクロールバー
スピンボタン
イメージ
ユーザーフォーム

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月30日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01086