TOP > カテゴリ > Excel >

エクセルのオプションを設定する[Excelの基本操作(中級)]

操作対象

リボンの「ファイル」タブの緑線で囲まれた部分をクリックします。

次に「オプション」を選択します。

基本設定

「ユーザーインターフェイスのオプション」「新しいブックの作成時」「Officeのユーザー設定」「起動時の設定」の4種類の設定を行えます。

数式

「計算方法の設定」「数式の処理」「エラーチェック」「エラーチェックルール」の4種類の設定が可能です。

文章校正

「オートコレクトのオプション」「Officeのスペルチェック」の設定が出来ます。

保存

「ブックの保存」「自動回復の例外」「ドキュメント管理サーバーファイル用のオフライン編集オプション」「ブックの外観の保持」の4つの設定が可能です。

言語

「編集言語の選択」「表示言語とヘルプ言語の選択」「ポップヒント言語の選択」が行えます。

詳細設定

「編集設定」「切り取り、コピー、貼り付け」「イメージのサイズと画質」「印刷」「グラフ」「表示」「次のブックで作業する時の表示設定」「次のシートで作業する時の表示設定」「数式」「次のブックを計算する時」「全般」「データ」「Lotusとの互換性」「Lotusとの互換性の設定の適用先」の14種の設定が可能です。

特に、詳細設定では「ブック毎、シート毎」の設定も可能です。

リボンのユーザー設定

リボンにアイコンを追加・削除する事が可能です。

クイックアクセスツールバー

クイックアクセスツールバーにアイコンを追加・削除する事が可能です。

アドイン

アドインの管理を行う事が出来ます。

セキュリティセンター

セキュリティに関する設定を行えます。セキュリティ設定は変更しない事が推奨されています。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年04月22日
記事NO:00783