TOP > カテゴリ > Excel >

テーブルの作成とテーブルツール[Excelの基本操作(中級)]

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

操作対象

リボンの「ホーム」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

テーブルの作成

B2からD9のセルを範囲で選択します。

次に「テーブルとして書式設定」の図の部分を選択します。

すると、「テーブルとして書式設定」ウインドウが表示されますので「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」をオンにします。

OKボタンを押します。

色鮮やかなテーブルが作成されました。

テーブルのポップアップメニュー

テーブルのポップアップメニューを表示するにはテーブルの上で右クリックを押します。

「クイック分析」は「Excelの基本操作(上級)」でご紹介します。

「テーブル/集計行」ではテーブルの金額などを自動的に集計して表示されます。

「テーブル/範囲に変換」はテーブル形式を以前のエクセルなどで表示可能な状態に変換します。

「テーブル/代替テキスト」は視覚障碍者などの為の代替テキストです。

「ドロップダウンリストから選択」セルの値をリストから選択します。

※その他の項目は「Excelの基本操作(初級)」でご紹介済みです。

テーブルツールの操作

テーブルを選択するとリボンの一番右側に「テーブルツール」が表示されますのでクリックしてください。

テーブルツールに番号を振りましたので順に解説していきます。

1.テーブル名

テーブルの名称を変更できます。

2.テーブルのサイズ変更

テーブルのサイズ変更します。

3.重複の削除

テーブルを選択してしてボタンを押すと「重複の削除」ウインドウが表示されますのでOKボタンを押します。

すると、重複された値が1個削除されました。※「2000/10/12、コーヒー」の行が2行あったのが1行になりました。)

4.範囲に変換

テーブル形式を以前のエクセルなどで表示可能な状態に変換します。

5.スライサーの挿入

スライサーをクリックします。「スライサーの挿入」ウインドウが表示されますので「日付」をオンにしてください。

OKボタンを押すと図のようなウインドウが表示されます。

「2000/11/21」をクリックします。

テーブルのデータが「2000/11/21」に絞り込まれました。

スライサーはこのようにデータを絞り込む際に使用します。

スライサーの設定を解除するには右上にあるアイコンをクリックします。また、スライサーを削除するにはスライサーの枠を選択して「Deleteキー」を押します。

6.各種表示の設定

見出し、集計行などの表示設定です。

7.テーブルのスタイル

テーブルのスタイルを変更可能です。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年04月23日 最終更新日:2017年10月09日
記事NO:00786