TOP > カテゴリ > Excel >

ActiveXコントロールの使い方[ExcelのVBA]

操作対象

リボンの「開発」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

ActiveXコントロールの挿入

今回は「コマンドボタン」を挿入します。「挿入」をクリックして「ActiveXコントロール」内にある「コマンドボタン」を選択してセルへ配置します。

※フォームコントロールは「フォームコントロールの使い方」を参照。

各コントロールをセルの枠線にあわせるには「ページレイアウト」タブの「配置」アイコンをクリックして「枠線にあわせる」をクリックします。

それからコントロールを配置するとセルの枠線にあわせるようにコントロールが作成できます。

※「枠線にあわせる」を解除するにはもう一度「枠線にあわせる」をクリックします。

ボタンクリックイベントの追加

ボタンクリックイベントとはボタンをクリックした際の動作の事です。

コマンドボタンを「ダブルクリック」します。するとVBAが起動します。

図のように「MsgBox ("ボタンをクリックしました。")」を挿入します。「"」はキーボードの「Shiftキー+ 2」です。

リボンの「デザインモード」が緑色になっている場合は「デザインモード」をクリックしてください。

最終的に「デザインモード」が図のようになればOkです。

そして、今度は「コマンドボタン」をクリックしてください。

このようにメッセージボックスが表示されます。

これが最も簡単なVBAのイベントとコードとなります。

ActiveXコントロールの移動、サイズ変更、削除

「デザインモード」がオン(緑色)になっている場合はActiveXコントロールを選択、移動、サイズ変更、削除する事が可能です。

「デザインモード」がオフ(通常状態)になっている場合はActiveXコントロールは実行状態となります。

ActiveXコントロールを挿入すると自動的に「デザインモード」がオンとなります。

ActiveXコントロールのプロパティ

「デザインモード」をオンにしてコントロールを右クリック後にリボンの「プロパティ」アイコンをクリックします。すると「プロパティ」ダイアログが表示されます。

このプロパティは各コントロール毎に設定可能でコントロールの詳細設定をする事が可能です。

コードの表示

「コードの表示」アイコンをクリックするとVBAのコードが表示されます。

ダイアログの実行

「ダイアログの実行」アイコンをクリックすると何も起きません。(バグ?)

メモ

各コントロールの使い方などの解説やイベント、プロパティに関しては「VBA」の「Visual Basicのコントロール」の章で解説致します。

Excelの画面操作

Visual Basic(VBA)の表示とアドイン
ActiveXコントロールの使い方
エクセルでXMLファイルを読み書きする

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月09日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01016