TOP > カテゴリ > Excel >

メニュー(編集)の操作方法[ExcelのVBA]

操作対象

VBAの「編集」メニューの緑線で囲まれた部分を使用します。

元に戻す/やり直し [Ctrl+Z][Ctrl+Y]

直前の操作を「元に戻す/やり直し」します。

切り取り/コピー/クリア [Ctrl+X][Ctrl+C][Del]

対象に対して「切り取り/コピー/クリア」をします。

貼り付け [Ctrl+V]

クリップボードに「コピー」されているものを貼り付けます。

すべて選択 [Ctrl+A]

対象をすべて選択します。

検索 [Ctrl+F]

プロジェクト内から任意の文字列を検索します。

次を検索 [F3]

「検索」を実行した際に「次を検索」します。

置換 [Ctrl+H]

プロジェクト内の任意の文字列を置換します。

インデント [Tab]

インデントとは文字の先頭に空白を挿入する「字下げ」の事です。字下げによりプログラムが見やすくなります。

<インデント前>

<インデント後>

インデントを戻す [Shift+Tab]

インデントの逆で「字上げ」をします。

プロパティ/メソッドの一覧 [Ctrl+J]

プロパティ/メソッドの一覧を表示します。

定数の一覧 [Ctrl+Shift+J]

定数の一覧を表示します。※何故かExcel2013では機能していません。

クイックヒント [Ctrl+I]

カーソル位置にあるクイックヒントを表示します。

パラメータヒント [Ctrl+Shift+I]

カーソル位置にあるプロシージャなどのパラメータヒントを表示します。

入力候補 [Ctrl+Space]

入力候補は関数やプロシージャなどを入力する際の入力補助です。

例として「MsgBox」を入力したい時に「ms」を入力します。

次に「入力候補」をクリックします。

このように簡単に関数やプロシージャなどが入力可能となります。

この「入力候補」はVisual Basicの中で作業効率を上げる重要な機能です。使い方はメニューからではなくキーボードの「Ctrl +スペース」で実行するのをおすすめします。

ブックマーク

ブックマークの使い方は任意のプログラムコードの行に「ブックマーク」を設定します。設定されたブックマークの行は「次/前のブックマークへ移動」で即座に表示可能です。これによりプログラムの開発効率が上がります。

ブックマークの設定/解除

ブックマークを設定・解除します。

次のブックマーク

次のブックマークへ移動します。

前のブックマーク

前のブックマークへ移動します。

すべてのブックマークの解除

全てのブックマークを解除します。

Visual Basic Applicationsの画面操作

各機能名称
プロジェクトエクスプローラーの操作方法
メニュー(ファイル)の操作方法
メニュー(編集)の操作方法
メニュー(表示)の操作方法
メニュー(挿入)の操作方法
メニュー(書式)の操作方法
メニュー(デバッグ)の操作方法
メニュー(実行)の操作方法
メニュー(ツール)の操作方法
ツールバーの操作方法
イベントの追加方法

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年06月11日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01025