TOP > カテゴリ > Excel >

メニュー(書式)の操作方法[ExcelのVBA]

操作対象

VBAの「書式」メニューの緑線で囲まれた部分を使用します。

「書式」は「ユーザーフォーム」でのコントロールの書式を設定します。

複数のコントロールの選択

「書式」メニューは基本的に複数のコントロールを選択した状態で使用します。複数のコントロールを選択するには「Ctrlキー」を押しながら各コントロールをクリックします。CommnadButton1とCommnadButton2を選択すると下図のようになります。

複数のコントロールを選択すると選択しているコントロールの「プロパティ」を一括で変更する事も可能です。

1つのコントロールだけを選択している場合のプロパティ

複数のコントロールを選択している場合のプロパティ

整列

複数のコントロールを整列させます。

同じサイズに揃える

複数のコントロールのサイズを同じサイズに揃えます。

サイズを合わせる

コントロールのサイズを合わせます。単一のコントロールでも有効です。

グリッドに合わせる

コントロールをグリッド(ユーザーフォームにある点々の事)に合わせます。単一のコントロールでも有効です。

左右の間隔

複数のコントロールの左右の間隔を設定します。

上下の間隔

複数のコントロールの上下の間隔を設定します。

フォームの中央に配置

コントロールをフォームの中央に配置します。単一のコントロールでも有効です。

ボタンの配置

ボタンの配置を設定します。単一のコントロールでも有効です。

グループ化

コントロールをグループ化します。

グループの解除

コントロールのグループ化を解除します。

順序

コントロールのZオーダー(表示順序)を設定します。

Visual Basic Applicationsの画面操作

各機能名称
プロジェクトエクスプローラーの操作方法
メニュー(ファイル)の操作方法
メニュー(編集)の操作方法
メニュー(表示)の操作方法
メニュー(挿入)の操作方法
メニュー(書式)の操作方法
メニュー(デバッグ)の操作方法
メニュー(実行)の操作方法
メニュー(ツール)の操作方法
ツールバーの操作方法
イベントの追加方法

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年06月11日 最終更新日:2015年07月06日
記事NO:01028