TOP > カテゴリ > Excel >

連続データの作成と文字の割付(わりつけ)[Excelの基本操作(初級)]

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

操作対象

リボンの「ホーム」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

連続データの作成

A2、A3、A4、A5、A6のセルを選択して「連続データの作成」をクリックします。すると「連続データ」ウインドウが表示されます。

範囲に「列」、種類に「加算」、増分値に「1」を入力してOKボタンを押します。

連続したデータが作成されました。

これはオートフィルと同等な操作です。オートフィルは「便利なオートフィルの使い方」をご覧ください。

文字の割付(わりつけ) その1

B2、B3、B4を選択します。次に「文字の割付」をクリックします。

文字がセルの幅に合わせて割付られました。

文字の割付(わりつけ) その2

C2を選択します。次に「文字の割付」をクリックします。メッセージボックスが表示されたらOKボタンを押します。

一行の長い文字列が下方向のセルに割付られました。この機能はエクセルをワードの変わりに使ってる方などは頻繁にしようする機能です。覚えておきましょう。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年04月20日
記事NO:00767