TOP > カテゴリ > Excel >

ActiveXオブジェクトへの参照を作成して返す - CreateObject関数 [ExcelのVBA]

CreateObject関数

CreateObject関数はActiveXオブジェクトへの参照を作成して返します。

分類その他

書式

CreateObject(class,[servername])

class(必須)作成するアプリケーション名とクラス名を指定する
servername(省略可能)オブジェクトが作成されるネットワークサーバーの名前を指定する。省略した場合はローカルコンピューターが使用される

使用例

次のコードはCreateObject関数でエクセルオブジェクトを作成してエクセルのシートに文字列を設定する例です。

Private Sub CommandButton1_Click()

On Error GoTo ERROR_HANDER

    Dim xlApp   As Object  ' Excel.Application
    Dim xlBook  As Object  ' Excel.Workbook
    Dim xlSheet As Object  ' Excel.Worksheet

    ' エクセルオブジェクトの作成
    Set xlApp = CreateObject("Excel.Application")
    Set xlBook = xlApp.Workbooks.Add   ' 新規ブック
    Set xlSheet = xlBook.Worksheets(1) ' 新規シートの作成

    'エクセルを表示
    xlApp.Visible = True
       
    ' Excelのセルに値を代入
    xlSheet.Cells(1, 1).Value = "プチモンテ"
    xlSheet.Cells(2, 1).Value = "http://www.petitmonte.com/"
    
' オブジェクトの解放
ERROR_HANDER:
    Set xlSheet = Nothing
    Set xlBook = Nothing
    Set xlApp = Nothing
    On Error GoTo 0
End Sub

[結果]

Visual Basicのその他関数

関数名内容
AddressOf関数のアドレスを返す
CallByNameオブジェクトのプロパティやメソッドを実行する
CreateObjectActiveXオブジェクトへの参照を返す
CurDirドライブの現在のパスを返す
CVErrユーザー定義のエラー番号を返す
Dirパターンに一致するファイル、フォルダ名を返す
DoEventsOSに制御を渡す
EnvironOSの環境変数を返す
Errorエラー番号に対応するエラーメッセージを返す
InputBox入力ダイアログを表示する
LoadPicture画像を読み込む
MsgBoxメッセージボックスを表示する
RGBRGB値のコードを返す
Shell外部プログラムを実行する
TypeName変数に関する情報を文字列で返す
VarType変数に関する情報を整数値で返す

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月13日
記事NO:01184