TOP > カテゴリ > Excel >

テーブルの作成/操作 [ExcelのVBA]

テーブルを作成する

B2からE6のセルにテーブルを作成します。

Private Sub CommandButton1_Click()
  ' テーブル名を指定してテーブルを作成する
  '   SourceType:データソースの種類 ※xlSrcRangeはテーブル範囲の意味
  '   Source:データソース
  ActiveSheet.ListObjects.Add( _
      SourceType:=xlSrcRange, _
      Source:=Range("$B$2:$D$6") _
      ).Name = "テーブル1"
        
  ' テーブルの書式を設定する
  ActiveSheet.ListObjects("テーブル1").TableStyle = "TableStyleMedium2"
End Sub

[結果]

テーブルの書式一覧

淡色は「TableStyleLight1」から「TableStyleLight21」。中間は「TableStyleMedium1」から「TableStyleMedium28」。濃色は「TableStyleDark1」から「TableStyleDark11」となります。

テーブルを操作する

テーブルに値/書式を設定するには通常のRangeオブジェクトを使用します。

Private Sub CommandButton1_Click()
  Range("B3").Value = "いろは"
  Range("B3").Font.Color = vbBlue
End Sub

[結果]

VBAの固有操作

[セルの操作]
セルの値/計算式を設定する
セルのフォントを設定する
セルの背景色/網掛けを設定する
セルの文字配置を設定する
セルの表示形式を設定する
セルに罫線を設定する
セルの選択/コピー/貼り付け/切り取り/削除/クリア
セルの結合/結合の解除をする
セルにコメントを追加/削除する
シートの保護とセルのロック解除をする
セルの値をソートする

[テーブル/グラフ/ピボットテーブル]
テーブルの作成/操作
グラフの作成/操作
ピボットテーブルの作成/操作

[ワークシート]
シートの追加/移動/コピー/削除/表示/印刷
ワークシートのイベント

[ワークブック]
ブックを開く/追加/上書き/名前保存/PDFの作成
ワークブックのイベント

[その他]
その他の操作まとめ

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月19日 最終更新日:2015年07月23日
記事NO:01222