TOP > カテゴリ > Excel >

ブックを開く/追加/上書き/名前保存/PDFの作成 [ExcelのVBA]

ブックを開く

Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim wb As Workbook
  ' ブック(ファイル)を開く
  Set wb = Workbooks.Open("C:\ファイル名.xlsm")
  ' シートのセルに値を設定する
  wb.ActiveSheet.Range("A1").Value = "いろは"
End Sub

ブックを追加する

Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim wb As Workbook
  ' 新規ブックの作成
  Set wb = Workbooks.Add
  ' セルに値を設定する
  wb.ActiveSheet.Range("A1").Value = "いろは"
End Sub

名前を付けて保存

Private Sub CommandButton1_Click()
  ' 名前を付けてマクロ有効ブックで保存する
  ActiveWorkbook.SaveAs _
    Filename:="C:\ファイル名.xlsm", _
    FileFormat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled, _
    CreateBackup:=False
End Sub

Filenameファイル名
FileFormatファイルのフォーマット ※XlFileFormat列挙体を指定する
CreateBackupバックアップの有無
Password読み取りパスワードを設定する
WriteResPassword書き込みパスワードを設定する

上書き保存

Private Sub CommandButton1_Click()
  ' 上書き保存
  ActiveWorkbook.Save
End Sub

PDFファイルを作成する

Private Sub CommandButton1_Click()
  ' ブックをPDFファイルで保存する
  ActiveWorkbook.ExportAsFixedFormat _
    Type:=xlTypePDF, _
    Filename:="C:\ファイル名.pdf", _
    Quality:=xlQualityStandard, _
    IncludeDocProperties:=False, _
    IgnorePrintAreas:=False, _
    OpenAfterPublish:=False
End Sub

Typeファイルの種類 ※xlTypePDFまたはxlTypeXPS
Filenameファイル名
Qualityファイルの品質 ※xlQualityStandard(標準)またはxlQualityMinimum(最小)
IncludeDocProperties文書のプロパティの有無
IgnorePrintAreas印刷領域を無視する場合はTrueにする
OpenAfterPublish変換後にファイルを開く場合はTrueにする

ブックを閉じる

Private Sub CommandButton1_Click()

 ' エクセルの終了処理を開始する
 Application.Quit
 
 ' ブックを閉じる
 ' ※SaveChanges:Trueにすると変更があれば自動的に上書き保存する
 ActiveWorkbook.Close SaveChanges:=True
 
End Sub

※Application.Quitを先に実行しないとエクセルは終了できません。

VBAの固有操作

[セルの操作]
セルの値/計算式を設定する
セルのフォントを設定する
セルの背景色/網掛けを設定する
セルの文字配置を設定する
セルの表示形式を設定する
セルに罫線を設定する
セルの選択/コピー/貼り付け/切り取り/削除/クリア
セルの結合/結合の解除をする
セルにコメントを追加/削除する
シートの保護とセルのロック解除をする
セルの値をソートする

[テーブル/グラフ/ピボットテーブル]
テーブルの作成/操作
グラフの作成/操作
ピボットテーブルの作成/操作

[ワークシート]
シートの追加/移動/コピー/削除/表示/印刷
ワークシートのイベント

[ワークブック]
ブックを開く/追加/上書き/名前保存/PDFの作成
ワークブックのイベント

[その他]
その他の操作まとめ

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月22日 最終更新日:2015年07月23日
記事NO:01232