TOP > カテゴリ > Excel >

セルの結合/結合の解除をする [ExcelのVBA]

セルを結合する

B2からB4のセルを結合してそのセルに値を設定します。

Private Sub CommandButton1_Click()
  ' セルを結合する
  Range("B2:C4").MergeCells = True
  ' 結合したセルに値を設定する
  Range("B2").MergeArea.Value = "いろは"
  ' (以下でも設定可能)
  'Range("B2").Value = "いろは"
End Sub

[結果]

結合する複数のセルに値があると警告メッセージが表示されます。

このメッセージを非表示にするには次のようにします。

Application.DisplayAlerts = False
Range("B2:C4").MergeCells = True
Application.DisplayAlerts = True

このApplication.DisplayAlertsはアラートメッセージの表示設定となります。デフォルではTrueに設定されています。

セルの結合を解除する

Private Sub CommandButton1_Click()
  ' セルを結合する
  Range("B2:C4").MergeCells = True
  ' セルの結合を解除する
  Range("B2").MergeCells = False
End Sub

VBAの固有操作

[セルの操作]
セルの値/計算式を設定する
セルのフォントを設定する
セルの背景色/網掛けを設定する
セルの文字配置を設定する
セルの表示形式を設定する
セルに罫線を設定する
セルの選択/コピー/貼り付け/切り取り/削除/クリア
セルの結合/結合の解除をする
セルにコメントを追加/削除する
シートの保護とセルのロック解除をする
セルの値をソートする

[テーブル/グラフ/ピボットテーブル]
テーブルの作成/操作
グラフの作成/操作
ピボットテーブルの作成/操作

[ワークシート]
シートの追加/移動/コピー/削除/表示/印刷
ワークシートのイベント

[ワークブック]
ブックを開く/追加/上書き/名前保存/PDFの作成
ワークブックのイベント

[その他]
その他の操作まとめ

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月19日 最終更新日:2015年07月23日
記事NO:01218