TOP > カテゴリ > Excel >

セルのフォントを設定する [ExcelのVBA]

セルのフォントを設定する

次のコードはフォントの「サイズ、太さ、名前、色、斜体、下線、打ち消し線」を設定する使用例となります。

Private Sub CommandButton1_Click()
 ' 文字列の設定
 Range("B2").Value = "プチモンテ"
 
 ' セルのサイズを文字列のサイズに合わせる
 Range("B2").Columns.AutoFit
 Range("B2").Rows.AutoFit
 
 With Range("B2")
   ' サイズ
   .Font.Size = 14
   ' ボールド
   .Font.Bold = True
   ' フォント名
   .Font.Name = "MS 明朝"
   ' フォントカラー(ColorIndexで指定)
   .Font.ColorIndex = 5
   ' フォントカラー(RGB関数で指定)
   .Font.Color = RGB(0, 255, 0)
   ' フォントカラー(カラー定数で指定)
   .Font.Color = vbRed
   ' 斜体
   .Font.Italic = True
   ' アンダーライン
   .Font.Underline = True
   ' 打ち消し線
   .Font.Strikethrough = False
 End With
End Sub

[結果]

※フォントカラーの設定方法は3種類ありますので例として3つのコードで指定しています。実際には最後のコード(21行目)の色が設定されます。

カラー定数と色の見本

ColorIndexの値と色の見本

※ColorIndexに「0」を指定すると色のクリアとなります。

RGB関数の色を確認する

Windowsの[プログラムメニュー][アクセサリ]にある「ペイント」を起動します。

次に画面右上にある「色の編集」ボタンを押します。「色の編集」ダイアログが表示されますので右下にある「赤、緑、青」にRGB関数のRGB(red,green,blue)を入力します。

すると色が表示されますので色を確認する事ができます。

また、RGBの色を確認するだけではなく、任意の色を選択して色の各RGB値を取得する事も可能です。

VBAの固有操作

[セルの操作]
セルの値/計算式を設定する
セルのフォントを設定する
セルの背景色/網掛けを設定する
セルの文字配置を設定する
セルの表示形式を設定する
セルに罫線を設定する
セルの選択/コピー/貼り付け/切り取り/削除/クリア
セルの結合/結合の解除をする
セルにコメントを追加/削除する
シートの保護とセルのロック解除をする
セルの値をソートする

[テーブル/グラフ/ピボットテーブル]
テーブルの作成/操作
グラフの作成/操作
ピボットテーブルの作成/操作

[ワークシート]
シートの追加/移動/コピー/削除/表示/印刷
ワークシートのイベント

[ワークブック]
ブックを開く/追加/上書き/名前保存/PDFの作成
ワークブックのイベント

[その他]
その他の操作まとめ

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月15日 最終更新日:2015年07月23日
記事NO:01203