TOP > カテゴリ > Excel >

DATEVALUE関数の使い方 - 文字列の形式の日付をシリアル値に変換する[Excelの関数]

DATEVALUE関数

ExcelのDATEVALUE関数は文字列の形式の日付をシリアル値に変換します。読み方は「データバリュー」です。

分類日付/時刻

DATEVALUE関数を使用可能なExcelのバージョン
Excel2000、Excel2002、Excel2003、Excel2007、Excel2010、Excel2013、Excel2016

書式

DATEVALUE(日付文字列)

使い方

[使用例]

[数式の結果]

日付/時刻関数の一覧

NOW現在の日付と時刻のシリアル値を返す。
TODAY現在の日付のシリアル値を返す。
YEARシリアル値を年に変換する。
MONTHシリアル値を月に変換する。
DAYシリアル値を日に変換する。
HOURシリアル値を時刻に変換する。
MINUTEシリアル値を分に変換する。
SECONDシリアル値を秒に変換する。
WEEKDAYシリアル値を曜日に変換します。(1:日曜 .. 7:土曜)
DATE指定された日付のシリアル値を返す。
DATEVALUE文字列の形式の日付をシリアル値に変換する。
TIME指定された時刻のシリアル値を返す。
TIMEVALUE文字列の時刻をシリアル値に変換する。
EOMONTH月末のシリアル値を返す。
WORKDAY開始日から指定した日数のシリアル値を返す。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS






公開日:2015年05月28日 最終更新日:2015年05月29日
記事NO:00934