TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

LEDアレイの使い方 [Arduino]

複数のLEDを横に整列させたLEDアレイ(LED Array)の使い方です。

今回は10個のLEDが整列している10ポイントバー(10バー)を使用します。

[実行例]

使用部品・材料

総額で約370円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
高輝度10ポイント
青色バーLEDアレイ
OSX10201-B
¥120秋月電子の通販コード(I-04294)
カーボン抵抗器数円220Ω(3個)を使用

配線図

電源を投入すると10バーが3ポイント光ります。

データシート

「角が欠けている面」が「1から10」(アノード)です。その反対が「11から20」(カソード)になります。

※公式のデータシート(osx10201-B.pdf)に赤色で注釈を追加しました

抵抗値の計算

Arduinoの電源は5V(V)。データシートに記載されている順電圧は標準3.3V(VF)。電流を基準値(IF=20mA)の20mAとすると、オームの法則で85Ωになります。

85Ω = (5V - 3.3V) / 0.020A

※今回は多めに220Ωを使用しています。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2017年05月12日 最終更新日:2017年08月20日
記事NO:02363