TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

ターミナルブロックの使い方 [Arduino]

ターミナルブロックは基本的に「ユニバーサル基板」で使用する汎用端子台です。今回はブレッドボードで利用しています。

ターミナルブロックを使用した導通確認

使用部品・材料

総額で約790円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
ターミナルブロック 2ピン (青)(縦)小¥20秋月電子の通販コード(P-01306)
耐熱電子ワイヤー 2m×7色 外径1.22mm(UL3265 AWG24)¥480秋月電子の通販コード(P-06756)
5mm赤色LED OSDR5113A¥20秋月電子の通販コード(I-11655)
カーボン抵抗器数円220Ω(1個)を使用。

このターミナルブロックは連結できますので、併せて3個タイプのP-1307も購入しておくと良いです。

使い方

最初にリード線の皮をニッパーで剥ぎます。

次にターミナルブロックの上部にあるネジをドライバーで緩めてから、ターミナルブロックの正面の穴にリード線を差して、ネジを締めます。

後は、ブレッドボードに差すだけです。





関連記事



公開日:2017年07月11日
記事NO:02466