TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

圧力センサーの使い方 [Arduino]

圧力センサー(FSR系)の「抵抗値」を抵抗分圧回路を使用して逆算します。

実行結果

使用部品・材料

総額で約1040円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
圧力センサーFSR402 Short Tail¥550秋月電子の通販コード(P-06214)
コネクタ付コード(みの虫×ジャンパーワイヤ)¥220圧力センサーの端子を接続。

秋月電子の通販コード(C-08916)
カーボン抵抗器数円10kΩ(1個)を使用。

配線図

圧力センサーの「抵抗値」はセンサーへの圧力によって値が変化します。今回は、抵抗分圧回路にすることによって、その変化を読み取っています。

スケッチ(プログラム)

アナログピンへの「入力電圧」と圧力センサーの「抵抗値」をシリアルモニターに表示します。

int R1 = 10000; // 10kΩ
 
void setup() {
  Serial.begin(9600);
}
 
void loop() {
  // アナログ入力の値を電圧(V)に変換
  float voltage = (analogRead(A0) / 1024.0) * 5.0;
 
  // 誤差を除去
  if(voltage >= 4.9){
    voltage = 4.99;
  }
  
  Serial.print("入力電圧:");
  Serial.print(voltage);
  Serial.print("V 抵抗値:");
 
  // 圧力センサーの抵抗値を出力する
  if(voltage >= 4.9){
     Serial.println("1MΩ ");
  }else{
    float val = voltage / (5.0 - voltage) * R1;
    if(val > 999){
      val = val / 1000;
      Serial.print(val,0);
      Serial.print("k");      
    }else{
      Serial.print(val, 0);
    }    
    Serial.println("Ω ");        
  }   
  
  delay(100);
}

関連記事:抵抗分圧の計算 抵抗分圧の逆算 抵抗分圧の一覧表 配線図





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2017年06月20日
記事NO:02433