TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

スライドスイッチ(ON/OFFスイッチ)の使い方 [Arduino]

突起部分を左右(上下)にスライドしてオン/オフ状態を切り替えるスライドスイッチの使い方です。(1回路2接点)

使用部品・材料

総額で約330円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
基板用スライドスイッチ SS-12D00-G5
(2個)
¥20秋月電子の通販コード(P-08790)
5mm赤色LED OSDR5113A¥20秋月電子の通販コード(I-11655)
カーボン抵抗器数円220Ω(1個)を使用

配線図1

スイッチをスライドすると1つは「LEDが点灯する回路」もう一つは「グラウンドへの回路」に接続されます。

抵抗値の計算

接点抵抗は30mΩで30/1000Ωなので、0Ωで計算します。

今回はLEDを使用していますので220Ωの抵抗器を使用します。220Ωの計算方法はLEDの使い方をご確認ください。



続いては三路スイッチ(三路回路)の例です。

配線図2

三路スイッチは2階建て住宅の階段スイッチ(2箇所)などで使用されます。

このような回路にすることによって、どちらのスイッチでもLEDをオン/オフする事ができます。

その他に「四路スイッチ」というのもあります。この「三路スイッチ」「四路スイッチ」の2つは第二種電気工事士技能試験に必ず出題されるそうです。

参考リンク

三路スイッチと四路スイッチ





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2017年05月11日 最終更新日:2017年08月20日
記事NO:02355