TOP > カテゴリ > 音楽・DTM・作曲 >

Cubaseの基本操作(使い方)

Cubaseで「ピアノ、ギター、ベース、ドラム、ボーカル(ボーカロイド)」などの楽器を使用して作曲する基本的な使い方をご紹介します。

※初心者用の講座です。主な対象は「歌声」を含むオリジナル曲をすべてパソコンで製作する方です。
※今回は「Cubase AI 9」を使用して解説を行っています。別グレードの「Cubase Pro 9/Cubase Artist 9/Cubase Elements 9/Cubase LE 9」でも基本的な操作は同様です。

目次

なるべく1章から順にお読みください。

1章. Cubaseでの作曲の流れ
2章. Cubaseの画面構成と各部名称
3章. 新規プロジェクトの作成
4章. 新規トラックの作成と音源(楽器)の割当
5章. 各トラックに新規イベントを作成する
6章. トランスポートパネル(再生/テンポ/拍子)
7章. ピアノの入力(キーエディタ)
8章. ピアノの入力(スコアエディタ)
9章. トラックを複製して別パートにする

次の10章から12章でこの「1小節」を作ります。

※ベース音などが聴こえ難い場合はスピーカーを購入した方が良いです。

10章. ギターの入力(コードトラック)
11章. ベースの入力(コードトラック)
12章. ドラムの入力(ドラムエディタ)

次の13章でボーカルを追加します。


13章. ボーカルの入力(ボーカロイドエディタ)
14章. ミックス(パン/ボリューム/リミッター)
15章. ミックス(リバーブ/アンプなどのエフェクト全般)
16章. ミックス(コンプレッサー/音圧)
17章. ミックス(イコライザー/周波数)
18章. ミックス(書き出し/Waveファイルの生成)

※ここで再生できる楽曲は各トラック及びマスタートラックでコンプレッサーを使用しています。

FAQ

Q1. Cubaseを起動すると別アプリで音楽を再生できません。

Cubaseのメニュー[デバイス][デバイス設定]の[VSTオーディオシステム]で「バックグラウンド時はASIOドライバーを解放する」をオンにします。次にCubaseをウインドウ右上の「_」で完全に最小化すれば再生可能です。

※オフになっている場合はCubaseを終了するまで音楽を再生できません。

Q2. Cubaseで楽曲を再生するとノイズが発生します。

Cubaseのメニュー[デバイス][デバイス設定]の[VSTオーディオシステム]で「リセット」ボタンを押すと、そのような現象が直る場合があります。

参考文献

基礎からわかるCubase AI 9/LE 9
(目黒 真二 / ISBN978-4-7998-0161-1)





公開日:2017年10月22日 最終更新日:2017年11月05日
記事NO:02593