TOP > カテゴリ > 政治・経済・生活 >

パソコン用のスピーカー選定

パソコン用のスピーカーは安いものから高価なものまであります。

今回はスピーカーを選定する際に購入基準を設けました。「5,000円から12,000円以内」「音質も良く低音はボンボンしない」「スピーカー本体は大きすぎず、小さすぎず」の3点です。

1. スピーカーの選定

おおよそ絞れたのは次の6点です。

名称価格
Bose Companion 2 Series III¥12,420
ヤマハ NX-50¥7,481
GigaWorks T20 Series II(R)¥6,415
GigaWorks T40 Series II(R)¥8,774
JBL Pebbles¥5,311
FOSTEX PM0.3¥10,980

その他にスピーカーを自作する方法がありますが、作り手の技術によっては費用がかさんだり、低音質の場合があります。

2. パソコン環境

私のパソコンのサウンドはオンボード(Realtek High Definition Audio)です。オンボードの見分け方は、パソコンの裏側が次のように3つ穴(ピンク、緑、青色)の場合です。6つある場合はサウンドカードを使用している可能性が高いです。

※最近のオンボードの性能は実用レベルまであがっているようです。

3. テスト用動画

男女のツインボール(陰陽座)

高音、中音、低音の女性3人ボーカル(Kalafina)

個々の好みにもよりますが、これらの曲の「音質」が良くないと感じた場合は、スピーカーを購入した方が良いです。

4. 各スピーカーの私的判定

さきほど、絞り込んだ各スピーカーを私的判定します。

名称私的判定
Bose Companion 2 Series III過去にドラムをやっていたので、低音は好みですがネットの評価を見ると「ボンボンしすぎる」らしいので却下。
ヤマハ NX-50奥行きが18.4cm(184mm)なので残念ながら却下。
GigaWorks T20 Series II(R)購入候補。T40より音質が良いらしい。
GigaWorks T40 Series II(R)購入候補でしたが、スピーカーの高さが高すぎなので却下。
JBL PebblesUSB給電なので雑音(ノイズ)が入る可能性があるので却下。
FOSTEX PM0.3アマゾンでの評価が高く良さそうですが、ボリュームが裏側にあるので不便。別売りのボリュームとセットにすると¥18,925 :-)

5. 購入したスピーカー

実際に購入したのはアマゾンのタイトルだと「Creative ステレオスピーカー GigaWorks T20 Series II 2.0ch 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア Windows版 推奨】GW-T20-IIR」(GigaWorks T20 Series II(R))となります。

6. T20のトーンコントロール設定

高音のTREBLE(トレブル)はMAX。低音のBASS(バス/ベース)は3割-5割程度で良いと思います。低音は上げすぎると音がこもってしまいます。

7. T20の評価

今まで使用していたのは「一般的なPCスピーカー」(LS11 S-00035, $30)でした。それと比べるとT20は1.5倍ぐらいの音質になったと思います。

これ以上の音質を求める場合は、パソコン用ではなく音楽専用の数万円から数十万円のスピーカーを検討した方が良いです。





関連記事



公開日:2017年09月05日 最終更新日:2017年09月09日
記事NO:02557