TOP > カテゴリ > 政治・経済・生活 >

心拍数と運動強度の計算[カルボーネン法]

年齢と心拍数から「運動強度」を計算します。心拍数は数千円で販売している「心拍計」があると便利です。運動強度の計算方法は「カルボーネン法」で脂肪燃焼ゾーンである有酸素運動や基礎代謝ゾーンの無酸素運動などを判別できます。

運動強度の計算

年齢

計算ボタンを押すと「ここ」に結果が表示されます。 

計算方法

カルボーネン法による運動強度の計算方法となります。最大心拍数を計算後に、「心拍数」が最大心拍数の何%になるかによって運動強度のゾーンが決定されます。

最大心拍数 = 220 - 年齢

ゾーン最大心拍数
運動強度(低)~ 50%
脂肪燃焼(有酸素運動)50% ~ 70%
基礎代謝(無酸素運動)70% ~ 80%
運動強度(強)80% ~

運動強度(低)は普段の生活の心拍数です。脂肪燃焼は有酸素運動で脂肪が燃焼しやすくダイエットに最適です。基礎代謝は無酸素運動で基礎代謝の向上に期待ができます。運動強度(強)はプロのスポーツマンが体を鍛える際の心拍数です。

心拍計

私は「SOLUS(ソーラス) 心拍計測 ハートレートチェッカー キーホルダータイプ 01-SOL-P05」をアマゾンで2800円ぐらいで購入しました。

首からかけて、左右の両手で金属部分を数秒間、触れるだけで計測できます。腕時計タイプや活動量計などにも心拍数を計測するものがありますのでご自分にあった心拍計を用意すると良いと思います。

※紐は「SANWA SUPPLY ネックストラップ コンパクト用L ブラック DG-ST15BK」を使用しています。(別売り550円)





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年09月20日
記事NO:01371