TOP > カテゴリ > 政治・経済・生活 >

日本の財政規模は一般会計の規模ではない

日本の財政規模は一般会計を見ていてもわかりません。国の実質的な財政規模を把握するには「純計」を見る必要があります。純計とは一般会計と特別会計を合算して重複を除いたものです。

一般会計とは

一般的な経費を含んだ会計を一般会計という。一般的に日本の財政を語る時はこの一般会計を使用しています。

特別会計とは

一般会計に属さない会計。平成27年度は14個の特別会計があります。

交付税及び譲与税配付金、地震再保険、国債整理基金、外国為替資金、財政投融資、エネルギー対策、労働保険、年金、食料安定供給、国有林野事業債務管理、貿易再保険、特許、自動車安全、東日本大震災復興

この特別会計は一般会計からお金を受け入れたり、歳入となる公債金(国債)を発行する事もあります。

平成20年~平成24年度の財政規模(歳入)

平成20年~平成24年度の歳入(単位:兆円)です。この表を見ると一般会計、特別会計、純計が一目で理解できると思います。日本の財政規模はおよそ250兆円となります。この金額をドルに換算した世界ランキングでは2位です。1位はアメリカ、3位中国、4位ドイツ、5位フランスとなります。

-平成20年度平成21年度平成22年度平成23年度平成24年度
一般会計89.21107.11100.53109.98107.76
特別会計387.74377.89386.98409.92412.53
純計235.97246.28245.70263.62266.03

※純計は一般会計と特別会計を合算して重複を除いたものです。

関連リンク

わが国の決算





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年03月26日 最終更新日:2019年09月30日
記事NO:00590