TOP > カテゴリ > 音楽・DTM・作曲 >

ベースの入力(コードトラック) [Cubaseの基本操作]

Cubaseの使い方(目次)

Cubaseで「コードトラック」を使用してベースを入力します。

事前準備

この記事は10. ギターの入力(コードトラック)の続編です。

1. ベーストラックを作成する

メニューの[プロジェクト][トラックを追加][インストゥルメント]を選択してインストゥルメントトラックを作成します。

トラック名を「ベース」に変更します。

次にベーストラックにベースの音源を割り当てます。今回は[HS SE Library][Bass][E.Bass][GM 034 Electric Bass(Finger)]を割り当てます。

2. コードをベーストラックへコピーする

ボイジング

コードトラックを選択してボイジングを「ピアノ」に変更します。

ベーストラックへコピーする

コードトラックのコードを全て選択します。そして、Altキーを押しながらベーストラックへ移動します。

ベースのイベントは出来ましたが、複数のイベントに分割されていますので、次節で1つのイベントに結合します。

複数のイベントを結合する

ツールバーの「のり」を選択します。

ベースイベントの上でマウスの左ボタンを「ちょんちょん」すると、イベントが結合されます。

3. ピアノの右手パートを削除する

今回はボイジングで「ピアノ」を選択しましたので「ピアノの右手と左手」でコードが構成されています。右手は中/高音、左手は低音です。ベースは左手の低音のみを使用します。

それでは、ベースイベントを選択します。次にメニューの[MIDI][キーエディタを開く]を選択します。

キーエディタが表示されますので、次図のように上3本を選択します。

キーボードのdeleteキーで削除します。

これで、ピアノの右手パートの削除は完了です。

このままではベース音として「つまらない」ので次章で音符をいじります。

4. 音符を分割する

ツールバーのスナップを「オン」にして、クオンタイズプリセットを「1/8」にします。

次にツールバーの「分割」を選択します。

3小節と4小節にある音符の上でマウスの左で「ちょんちょん」します。
※3小節と4小節にある7本のグリッド線に沿ってクリックを行います。

1/8に分割されましたね。これで、ベーストラックの入力が完了です。

5. 再生

再生はトランスポートパネルで行いますが、コードトラックは次図のように「m」でミュートしてください。

※ベースのみを聴きたい場合はベース以外を「m」にします。

目次

Cubaseの基本操作(使い方)





関連記事



公開日:2017年10月27日
記事NO:02604