TOP > カテゴリ > 音楽・DTM・作曲 >

各トラックに新規イベントを作成する [Cubaseの基本操作]

Cubaseの使い方(目次)

Cubaseで楽器毎のトラックを作成後、次にやる事は音符を入力する事が可能なイベントを作成します。新規イベントは白紙の楽譜のようなものです。

1. スナップとグリッドの間隔

「スナップ」とはイベントの入力補助でオン・オフを切り替えることが可能です。そのスナップの補助の間隔は「グリッドの間隔」で設定します。

今回は図のようにスナップをオンにして、グリッドの間隔は小節にします。

2. イベントディスプレイの拡大・縮小

プロジェクトゾーンのイベントディスプレイの任意の場所をクリックしてから、キーボードのHキーでズームイン、Gキーでズームアウトする事ができます。

ズームイン(拡大)Hキー
ズームアウト(縮小)Gキー

ズームインの例

ズームアウトの例

3. 新規イベントの作成

ツールバーの「鉛筆」を選択します。

任意のトラックのイベントディスプレイに、マウスの左ボタンを押しながら2小節から5小節まで移動してマウスを放します。

これがイベントとなります。イベントの作成が終わったら、ツールバーの「オブジェクトの選択」を選択します。

※トラックの色を「カラーツール」で赤色などに変更している場合は、イベントもその色となります。

4. イベントの削除

イベントの作成に失敗した場合は、ツールバーの「削除」を選択してから、その対象のイベントをクリックすると削除されます。作業が完了したら「オブジェクトの選択」を選択してください。

5. イベントの移動

ツールバーの「オブジェクトの選択」が選択されている状態の場合は、イベントをマウスのドラッグで任意の位置、トラックへ移動することが可能です。

6. イベントのサイズ変更

イベントを選択すると、隅に3つの小さな「■」が表示されます。その「■」をドラッグする事によってサイズ変更またはイベントがコピーされます。

左下、右下はサイズ変更です。右中央にあるものは右側に同じイベントをコピーすることが可能です。

7. イベントのコピー

イベントのコピーは前述の他に2種類あります。

Altキーを押しながら

イベントを選択して、Altキーを押したままイベントを移動するとその場所にイベントがコピーされます。コピー先は同一トラックだけでなく別トラックへも可能です。

Ctrl+CキーとCtrl+Vキー

Windowsの基本のコピペ作業も可能です。ただし、Cubaseに限ってはAltキーでのイベントのコピーの方が使用頻度が高いです。

8. トラックリストの分割のオン/オフ

イベントディスプレイの右側にある「/」をクリックすると...

次のようにトラックリストが分割されてしまいます。

これを元に戻すにはメニューの[プロジェクト][トラックリストの分割]を選択すると分割がオフになります。

このトラックリストの分割は、最初のうちにやって困る機能の一つです。

目次

Cubaseの基本操作(使い方)





関連記事



公開日:2017年10月23日 最終更新日:2017年10月24日
記事NO:02598