TOP > カテゴリ > 音楽・DTM・作曲 >

ピアノの入力(スコアエディタ) [Cubaseの基本操作]

Cubaseの使い方(目次)

Cubaseの「スコアエディタ」は楽譜形式で音符を入力するエディタです。ピアノ以外の楽器でも使用可能です。

事前準備

プロジェクトに1つのトラックを作成後、任意のイベントを設置します。

イベントの作成後は、ツールバーの「オブジェクトの選択」を選択します。

次にトラックにピアノの音源を割り当てます。今回は[GM001]Acoustic Grand Pianoにします。(楽器は任意)

※音源の割り当ては新規トラックの作成と音源(楽器)の割当をご覧ください。

スコアエディタ

表示

任意のイベントをマウスで選択後に、メニューの[MIDI][スコア][スコアエディタを開く]を選択すると、スコアエディタが表示されます。

音符の入力

ツールバーの音符を選択してから楽譜をクリックすると音符を入力できます。

スコアエディタは直感的に操作可能ですので、特に説明は要らないですね。

MIDIデータについて

キーエディタ、スコアエディタ、ドラムエディタ、ボーカロイドエディタで入力したデータは全てMIDIデータとなります。

MIDIデータは汎用性が高く、どのエディタを使用しても再入力、再編集をする事が可能です。 例えば、キーエディタで入力したデータは、スコアエディタでも再入力/編集が可能です。

目次

Cubaseの基本操作(使い方)





関連記事



公開日:2017年10月24日
記事NO:02601