TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

3.3V昇圧DCDCコンバータの使い方 [Arduino]

乾電池1本の電圧(1.2-1.5V)を昇圧DCDCコンバータで3.3Vに昇圧します。

[実行例]

使用部品・材料

総額で約1,741円です。

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
3.3V出力コイル一体型昇圧DCDCコンバータ¥250完成品ではないので、付属の細ピンヘッダを基盤にはんだ付けする必要があります。

秋月電子の通販コード(M-08618)
電池ボックス 単3x1本 リード線¥30秋月電子の通販コード(P-00221)
OHM(オーム電機) デジタルマルチテスター 普及型 TDX-200 (04-1855)¥1,191Amazonで購入。

配線図

次は公式データシートより(AE-XCL101C331BR-G.pdf)

データシート

入力電圧は0.9-3.3V。

入力電圧が出力電圧より高い場合は、入力電圧が出力されます。

[出力端子]

VBATPower Input(入力)
CEChip Enable(0.75V以上で昇圧、0.3以下で導通動作) ※
VOUTOutput Voltage(出力)
VSSGround(共通グラウンド)
NCNo Connection(非接続)
LxSwitching(スイッチング波形確認用端子)

※CEは必ず「入力端子 or グラウンド」に接続してください。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2017年05月14日 最終更新日:2017年08月20日
記事NO:02368