TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

時刻サーバーから時間を取得する[NTPサーバー/ESP-WROOM-02]

ESP-WROOM-02を使用してインターネット経由で「時刻サーバー」にアクセスして現在の年、月、日、時間(時/分/秒)、曜日を取得する方法です。

ESP-WROOM-02が初めての方はデータを送受信をするIoTデバイスの作り方 [ESP-WROOM-02版]を先にご覧ください。

時刻サーバー(NTPサーバー)

時刻サーバーは国立研究開発法人のNICT(情報通信研究機構)を使用します。利用料は無料ですが、アクセスは1時間平均で20回(1日の合計が480回)を超えないようにする必要があります。

情報通信研究機構
FAQ (公式)
クライアント開発者向け情報(ガイドライン) (公式)
https/http を介してアクセスされる場合 (公式)

スケッチ(プログラム)

HTTPでGETをするだけですので、他のNTPサーバーでも可能です。

#include <ESP8266WiFi.h>
 
const char* ssid     = "xxx";
const char* password = "xxx";
 
// URL http://ntp-a1.nict.go.jp/cgi-bin/time
const char* host = "ntp-a1.nict.go.jp";
const char* path = "/cgi-bin/time";

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  
  WiFi.mode(WIFI_STA);
  WiFi.begin(ssid, password);
  
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }
  Serial.println("");

  WiFiClient client;
  const int httpPort = 80;
  if (!client.connect(host, httpPort)) {
    Serial.println("接続に失敗しました。");
    return;
  }
  
  // サーバにリクエストを送信
  client.print(String("GET ") + path + " HTTP/1.1\r\n" +
               "Host: " + host + "\r\n" + 
               "Connection: close\r\n\r\n");
               
  unsigned long timeout = millis();
  while (client.available() == 0) {
    if (millis() - timeout > 5000) {
      Serial.println(">>> タイムアウトしました。");
      client.stop();
      return;
    }
  }
  
  // HTTPヘッダを含むデータの読み取り(1文字毎) 
  String raw = "";
  while (client.available()) {
    char c = client.read();
    raw = raw +c;
  }  

  // HTTPヘッダの削除 
  int index = raw.indexOf("\r\n\r\n");
  raw = raw.substring(index + 4);
 
  // ファイルの生データ
  Serial.println(raw);
 
  // Wifiの切断
  WiFi.disconnect(); 
}

void loop() {
  // none
}

必要に応じて取得した時刻データを「string.substring()」で文字列を切り取って利用してください。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2017年05月02日 最終更新日:2017年05月05日
記事NO:02345