TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

PCA9306による電圧レベル変換 [Arduino]

PCA9306を使用して「電圧が異なる機器同士を接続」する方法です。

このような電圧レベルの変換は「ロジックレベル変換」「電圧レベルシフタ」などと呼ばれています。

今回のPCA9306は主にI2C接続用ですがSPI接続などでも動作する場合があります。それ以外のレベル変換はFXMA108を使用してみてください。

使用部品・材料

総額で約420円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
I2Cバス用双方向電圧レベル変換モジュール(PCA9306)¥150秋月電子の通販コード(M-05452)

配線図

Arduino Unoの動作電圧5Vから3.3V機器へアクセスします。

この配線図では「PCA9306」の左は3.3V、右は5Vですが電圧を反対(左5V / 右3.3V)にしても動作可能です。

標準状態で「SCL1、SDA1、SCL2、SDA2」は1kΩの内部プルアップ抵抗になっています。外部プルアップを利用する場合は基盤裏にある「J2からJ5」をオープン(切断された状態)にします。

※内部プルアップ抵抗がないFXMA2102を使用する方法もあります。





関連記事



公開日:2017年06月10日 最終更新日:2017年07月09日
記事NO:02415