TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

タイマーICの使い方 - 無安定マルチバイブレータ版 [Arduino]

無安定マルチバイブレータはHIGHとLOWを交互に繰り返す発振回路です。

今回はタイマーICの「NE555P」を使用して発振回路でLEDを点滅させます。発振回路は「2本の抵抗器」と「1つのコンデンサ」を使用する事により「周波数、周期、デューティ比」を自分で調整する事が可能です。

使用部品・材料

総額で約560円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード¥500Amazon.com
タイマーIC NE555P¥25秋月電子の通販コード(I-08344)
電解コンデンサー100μF25V85℃(ルビコンPK)¥10秋月電子の通販コード(P-03122)
セラミックコンデンサ 0.01μF50V¥5秋月電子の通販コード(P-11150)
5mm赤色LED OSDR5113A¥20秋月電子の通販コード(I-11655)
カーボン抵抗器数円10kΩ(1個)、1kΩ(2個)、220kΩ(1個)を使用。

コンデンサ(C)や抵抗器(RA及びRB)は任意の値に変更可能です。

配線図

「RAに10kΩ、RBに1kΩ、Cに100μF」を使用することにより、次の設定でLEDを点滅させます。(計算式や自動計算は後述)

周波数1.2Hz
周期831.6ms (HIGH時間 : 762.3ms / LOW時間 : 69.3ms)
デューティ比91.67%

配線図

次は公式データシートより(ne555p.pdf)

ピン配置

GNDグラウンド
TRIGトリガー(引金)
OUTアウト(出力)
RESETリセット
CONTカウント
THRESスレッショルド(閾値)
DISCHディスチャージ(放電)
VCC動作電源

回路図(Astable Operation)

周波数の計算式

HIGH、LOW時間の計算式

周波数、周期、デューティ比の自動計算

抵抗値(RA)
抵抗値(RB)
コンデンサ容量(C) μF

※小数点を入力可能です。

スケッチ(プログラム)

今回はスケッチを使用していません。

関連記事

コンデンサの充電及び放電時間、充電量の計算





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2017年08月27日
記事NO:02543