TOP > カテゴリ > インターネット・ブログ >

パスワードの桁数について

インターネットの会員ページやWindowsのログインなどで使用されるパスワードについてです。 パスワードが4桁の場合は悪意のある人が解析しようとしたら数秒から数分で解析されてしまう事をご存知ですか?今回はそんなパスワードの桁数についてご紹介したいと思います。

パスワードの桁数と使用する文字の種類

パスワードに設定できる文字はアルファベットの26文字、数字の10文字、記号の31文字でアルファベットの大文字、小文字を含めると最大93文字となります。

パスワードに使用する文字は種類が多いと強固になります。

パスワードに使用する文字は桁数が長いと強固になります。

以上を踏まえて下記の表をご覧下さい。

使用する文字の種類 使用
できる
文字数
最大解読時間
入力桁数
4桁 6桁 8桁 10桁
英字(大文字、小文字区別無)
26 約3秒 約37分 約17日 約32年
英字(大文字、小文字区別有)
+数字
62 約2分 約5日 約50年 約20万年
英字(大文字、小文字区別有)
+数字+記号
93 約9分 約54日 約1千年 約1千万年
使用パソコンOS:Windows Vista Business 32bit版、プロセッサ:Intel Core 2 Duo T7200 2.00GHz、メモリ:3GB

この表はIPA 独立行政法人 情報処理推進機構の
コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[2008年9月分および第3四半期]についてより引用しました。

まとめ

今後のPCスペックを加味するとパスワードはランダムな英数字(大文字+小文字)+記号を含めて最低でも12文字以上にしましょう。





関連記事



公開日:2015年01月22日 最終更新日:2015年01月23日
記事NO:00147