TOP > カテゴリ > Excel >

相対参照と絶対参照($マーク)、複合参照について[Excelの基本操作(上級)]

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

※灰色の線(グリッド)を非表示にするにはリボンの「表示」タブの枠線をオフにします。

データを入力するのが大変な方は下記からダウンロードできます。
excel_basicoperation_al_18.xlsx 9.86 KB (10,104 バイト)

相対参照(A1、B1など)

E7のセルに「=(半角)」を入力します。

C7のセルを選択します。

E7のセルに「*(半角)」を入力します。

D7のセルを選択します。

Enterキーを押します。

ダイコンの金額が計算されました。

このようにC7やD7などでセルを参照する事を相対参照といいます。

数式のオートフィル

E7のセルを選択します。次にE7のセルの右下にある小さな四角付近にマウスを持っていきます。

マウスのカーソルが黒の十字アイコンに変わったら、左クリックを押しながらマウスを下に移動します。そしてE11のセルまで枠を延ばしたらマウスの左クリックを放します。

全ての材料の金額が自動で計算されました。

E7からE11の数式の中身は図のようになります。

このように規則性がある値や数式を自動で入力する事をオートフィルといいます。関連記事:「便利なオートフィルの使い方」

絶対参照($A$1、$B$1など)

F7のセルに「=(半角)」を入力します。

E7のセルを選択します。

F7のセルに「*(半角)」を入力します。

D4のセルを選択します。

「D4」を絶対参照に変換する為にF4キーを1回、押します。

※F4キーを1回押すと「$D$4」、2回目は「D$4」、3回目は「$D4」、4回目は「D4」、5回目は「$D$4」のように変換されます。

Enterキーを押します。

ダイコンの消費税が計算されました。

次に先程と同様にF7を選択してからF11までオートフィルで埋めます。

全ての材料の消費税が自動で計算されました。

F7からF11の数式の中身は図のようになります。

このように$D$4などでセルを参照する事を絶対参照といいます。

では、$D$4の部分をD4にしたらどうでしょうか?

F7からF11までをオートフィルします。


消費税がなにやらおかしな数値になりましたね。F7からF11の数式をみてみましょう。


本来は消費税の「0.1」を参照したいのに別のセルを参照しています。

このようにオートフィルなどでセルを固定して参照したい場合に絶対参照($マーク)を使用します。

複合参照

複合参照は絶対行参照と絶対列参照の二つがあります。絶対行参照は行のみを固定します。絶対列参照は列のみを固定にします。

相対参照/絶対参照/複合参照のまとめ

相対参照絶対参照絶対行参照絶対列参照
書式A1$A$1A$1$A1

※数式でセルを選択すると「F4キー」で参照を切り替える事が可能です。

合計金額

合計金額(金額+消費税)の計算は「セルの値を計算(加算、減算、乗算、除算、連結)する」を見ながら完成させてくださいね。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年05月06日
記事NO:00844