TOP > カテゴリ > Excel >

オブジェクトの前背面、配置、グループ化、回転の設定をする[Excelの基本操作(中級)]

事前準備

図のようにエクセルに図を設置してください。

図の設置方法は「図形や吹きだしを追加する」をご覧ください。

操作対象

リボンの「ページレイアウト」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

前面へ移動/背面へ移動

真ん中にある青い色の図を選択して「最前面へ移動」を押します。

このように青色の図が「最前面」へ移動しましたね。「前面へ移動/背面へ移動」はオブジェクトのZオーダー(表示順序)を設定する事ができます。

オブジェクトを選択して右クリックからもZオーダーを変更する事が可能です。

オブジェクトの選択と表示

「オブジェクトの選択と表示」アイコンをクリックすると右側に「選択」ウインドウが表示されます。

このウインドウでは一時期的に全ての「オブジェクトを非表示」にする事が出来ます。また、リストを選択するとオブジェクトを選択できます。

複数のオブジェクトを選択する場合は「Ctrlキー」を押しながらリストをクリックします。選択がおわったらCtrlキーを放します。

※オブジェクトを複数選択すると書式などをまとめて設定可能です。

配置

配置は操作が多いですので解説順に番号を振りました。

1.複数の図を上下左右に揃える

3つの図形を選択します。選択方法は先程のリストからも可能ですが、Ctrlキーを使って図を選択しても複数選択可能です。

次に「左揃え」をクリックします。

すると全ての図が左に揃えられました。このように番号1のメニューでは複数の図を上下左右に揃える事が出来ます。

2.枠線に合わせる

「枠線に合わせる」をクリックします。次に図形を挿入します。

すると図形は枠線に合わさるように作成されます。

もう一度、「枠線に合わせる」をクリックすると「枠線に合わせるモード」が解除されます。

3.図形に位置を合わせる

「図形に位置を合わせる」をクリックします。次に図形を挿入します。

すると図形は既存の図形に合わさるように作成されます。

もう一度、「図形に位置を合わせる」をクリックすると「図形に位置を合わせるモード」が解除されます。

「枠線に合わせる」「図形に位置を合わせる」のモードは図形を移動する際にも有効です。

4.枠線の表示

灰色の枠線(グリッド)の表示・非表示の切り替えです。

グループ化

3つのオブジェクトを選択します。次に「グループ化」をクリックします。

3つのオブジェクトがグループ化されてまとまりましたね。グループ化されるとまとめて移動などが簡単になります。

グループを解除するには「グループ解除」をクリックします。

回転

グループ化されたオブジェクトを選択します。次に「回転」の「右へ90度回転」をクリックします。

このように「回転」ではオブジェクトを回転する事ができます。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2015年04月25日
記事NO:00803