TOP > カテゴリ > Excel >

図形や吹きだしを追加する[Excelの基本操作(中級)]

操作対象

リボンの「挿入」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

図形(長方形)

「図形」の「四角形」の緑枠で囲まれた部分をクリックします。

次に任意の場所で「マウスの左クリックを押しながらマウスを右下へ移動」します。すると長方形の図形が追加されます。

図の「移動、サイズ変更、回転」の操作は前回の「画像をエクセルに貼り付ける」と同様の操作となります。

図のポップアップメニュー

図を選択して右クリックを押すとポップアップメニューが表示されます。

「スタイル」は図のスタイルを設定します。

「塗りつぶし」は図の塗りつぶしを設定します。

「枠線」は図の枠線を設定します。

「テキストの編集」は図にテキストを設定します。「テキストの編集」をクリックすると図にテキストを入力する事が出来ます。また、テキストの編集は図をダブルクリックでも可能です。

「頂点の編集」は図の頂点を編集します。「頂点の編集」をクリックして図の四隅を「マウスの左クリックを押しながらマウスを移動」すると下図のように編集できます

「既定の図形に設定」は選択している図の書式設定をテンプレートとして保存します。そして次に図形を作成する時にその書式設定を使用します。この機能は同じ図形を頻繁に追加するときに使用します。※この設定はブック単位となります。

※「マクロの登録」を除くその他の項目は以前に解説済みです。マクロは「Excelのマクロ」でご紹介します。

描画ツールの操作

図を選択するとリボンの一番右側に「描画ツール」が表示されますのでクリックしてください。

下図のようなリボンが表示されます。特に難しい操作はありませんので適宜、触れるだけで覚えられると思います。

図形(吹きだし)

図形の中でも頻繁に使用される吹きだしの追加です。「図形」の「吹きだし」の緑枠で囲まれた部分をクリックします。

マウスを押しながら右下の方へ移動すると吹きだしが作成できます。

吹きだしのサイズはマウスで調整可能です。色などは描画ツールで調整できます。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年04月23日
記事NO:00788