TOP > カテゴリ > ゲーム開発・Unity・C# >

Gaiaの使い方 [Unity]

Unityアセットストアにある「Gaia」(77ドル)の使い方です。

1. マップの自動作成

Gaiaでは地形/草/木/岩だけではなく、家、柵などのゲームオブジェクトも含まれています。次のマップは初期状態でランダムに自動作成したものです。

デスクトップ版

モバイル版

上記以外にも任意のオブジェクト/Prefabをランダムに配置可能です。

2. 使い方

メニューの[ウインドウ][Procedural Worlds][Gaia][Show Gaia Manager]を選択します。

[1]でデスクトップ用/モバイル用などを選択できます。[2]はテラインのサイズ。[3]はテライン、草、木、家、岩などを自動で生成するGaia付属のファイルを設定します。最初は初期状態のままにします。慣れて来たら「New」ボタンで新規のGaiaファイルを作成して任意のオブジェクト/Prefabをランダムで配置できます。保存場所はAssetes/Gaia/Dataに作成されます。

補足:Controllerは好みで3人称視点の「Third Person」にして下さい。

新規のGaiaファイルの設定はAssetes/Gaia/Dataから対象ファイルを選択してインスペクターにゲームオブジェクト/PrefabをドロップすればOKです。

2.1 テラインの作成

次にGaia Managerの[1]を押します。

ヒエラルキーにGaiaとGaia Environmentが作成されます。次にGaiaの子オブジェクトのStamperを選択します。

Assetes/Gaia/Stampsの中にあるファイルを[1]の「Stamp Preview」にドロップします。例ではAssetes/Gaia/Stamps/Hillsの「Hills 1006 1」を設定しました。[2]では任意で位置を調整します。

そして、インスペクターの下部にある「Stamp」ボタンを押します。

2.2 各オブジェクトの自動作成

[2]を押します。

Gaiaの子オブジェクトの「Coverage Texture Spawner」を選択してインスペクターの下部にある「Spawn」ボタンを押します。

Gaiaの子オブジェクトの「Coverage GameObject Spawner」を選択してインスペクターの下部にある「Spawn」ボタンを押します。

Gaiaの子オブジェクトの「Clustered Tree Spawner」を選択してインスペクターの下部にある「Spawn」ボタンを押します。

Gaiaの子オブジェクトの「Coverage Tree Spawner」を選択してインスペクターの下部にある「Spawn」ボタンを押します。

Gaiaの子オブジェクトの「Coverage Detail Spawner」を選択してインスペクターの下部にある「Spawn」ボタンを押します。

この時点でマップの作成は完了です。これ以下は任意です。

2.3 プレイヤーなどの作成

[3]を押します。

2.4 ライティングをベイク

[4]を押します。

後は実行するだけです。

最後に

家などのオブジェクトが生成されない場合は、テラインを調整して下さい。





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2019年05月21日
記事NO:02761