TOP > カテゴリ > ゲーム開発・Unity・C# >

Terrain(テライン)をOBJファイルに変換する [描画回数を大幅削減]

Unityの[ゲーム]タブの統計情報で確認できるBatches(描画回数)が多いと、スマホアプリだとカクカクになり、まともに動作しない場合があります。

Batchesの描画回数が多いのは、ほとんどのケースでTerrain(テライン)の地形と草、木が原因のようです。

そこで、Terrainを無料の「TerrainObjExporter」でOBJファイルに変換すると描画回数を大幅に削減する事が可能です。

TerrainObjExporterのダウンロード

http://wiki.unity3d.com/index.php?title=TerrainObjExporter

TerrainObjExporterの設置

プロジェクトのAssets配下にEditorフォルダを作成してExportTerrain.csを配置するだけです。

TerrainObjExporterの使い方

プロジェクトのヒエラルキーからTerrainのゲームオブジェクトを選択します。次にUnityのメニューの[Terrain][Exprt To Obj...]を押します。

Resolution(解像度)はFull、Half、Quarter、Eighth、Sixteenthの順でファイルサイズが小さくなります。

OBJファイルの使い方

作成したOBJファイルをヒエラルキーにドロップします。

そして、そのゲームオブジェクトの子オブジェクトである「default」に「メッシュコライダー」を追加して、任意のマテリアルをドロップすればテラインと同様になります。

※OBJファイルは地形のみで草木はありません。

マテリアル、OBJファイルが表示されない?

OBJファイルが8MBぐらいで、1万円の格安スマホ(Android5.0/メモリ1GB)で試すとOBJファイルが「透明」になる場合があります。

メッシュレンダラーがオフ、マテリアルが非対応ではないようです。

作成するOBJファイルのResolution(解像度)を下げて2MBにすると、表示されましたので、OBJファイルのサイズ制限がある模様です。

※ドコモ販売のAndroid7.1/メモリ2GBだと8MBでも表示されています。





関連記事



公開日:2019年05月06日 最終更新日:2019年05月21日
記事NO:02754