TOP > カテゴリ > ロボット・電子工作・マイコン >

フォトリレーの使い方 [Arduino]

フォトリレーはフォトカプラの一種です。発光側は2ピン、受光側も2ピンで合計4ピンで構成されています。受光側はMOSFETになっていて、2つのピンが寄生ダイオード(ドレイン)になっています。

使用部品・材料

総額で約390円です。(Arduino本体の値段を除く)

部品/材料値段備考
ブレッドボード¥270秋月電子の通販コード(P-00315)
フォトカプラ フォトリレー TLP222AF¥100秋月電子の通販コード(I-07330)
5mm赤色LED OSDR5113A¥20秋月電子の通販コード(I-11655)
カーボン抵抗器数円220Ω(1個)、560Ω(1個)、10kΩ(1個)を使用。

配線図

次は公式データシートより引用(TLP222Aj.pdf)

抵抗値の計算

発光側の標準電流(IF)は10mAなので560Ω(約8.9mA)を使用しました。ボタンは一般的に10kΩ、LEDは220Ωです。

スケッチ(プログラム)

ボタンを押すとフォトリレー内部の発光素子に電圧を印加して、電気を光に変換します。そして、受光素子(MOSFET側)で受光します。受光している間は3、4ピンが内部的に結合されるのでLEDが点灯します。

void setup() {
  pinMode(8,INPUT);
  pinMode(9,OUTPUT); 
}
 
void loop() {  
  // ボタンON
  if(digitalRead(8) == HIGH){
     digitalWrite(9,HIGH);
  }else{
    digitalWrite(9,LOW);
  }  
}





掲示板

ソフトウェア、ハードウェアのプログラミング用の掲示板を作成しました。質問やわからない事は@掲示板でユーザー同士で情報を共有して下さい。

関連記事



公開日:2017年07月22日
記事NO:02486