TOP > カテゴリ > Excel >

対象がエラー値か調査して結果をブール型 (Boolean) で返す - IsError関数 [ExcelのVBA]

IsError関数

IsError関数は対象がエラー値か調査して結果をブール型 (Boolean) で返します。

分類Is

書式

IsError(expression)

expression対象

※CVErr関数で作成したエラー番号のみ対応しています。

使用例

使用例結果
Dim var As Variant

' ユーザー定義のエラー番号を作成
var = CVErr(123)
Debug.Print IsError(var)
True

Visual BasicのIs関数

関数名内容
IsArray対象が配列か調査して結果をブール型 (Boolean) で返す
IsDate対象が日付か調査して結果をブール型 (Boolean) で返す
IsEmpty対象がEmpty値か調査して結果をブール型 (Boolean) で返す
IsError対象がエラー値か調査して結果をブール型 (Boolean) で返す
IsMissingプロシージャに省略可能な引数が渡されたか調査して結果をブール型 (Boolean)で返す
IsNull対象がNull値か調査して結果をブール型 (Boolean) で返す
IsNumeric対象が数値か調査して結果をブール型 (Boolean) で返す
IsObject対象がオブジェクトか調査して結果をブール型 (Boolean) で返す

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月08日
記事NO:01142