TOP > カテゴリ > Excel >

後方から文字列を検索して位置を返す - InStrRev関数 [ExcelのVBA]

InStrRev関数

InStrRev関数は後方から文字列を検索して位置を返します。

分類文字列

書式

InstrRev(stringcheck, stringmatch [, start[, compare]])

stringcheck(必須)検索する文字列
stringmatch(必須)対象の文字列
start(省略可能)文字検索の開始位置
compare(省略可能)文字列比較の種類
vbUseCompareOptionOption Compareの設定を使用する(既定)
vbBinaryCompareバイナリ比較
vbTextCompareテキスト比較
vbDatabaseCompareデータベースの情報に基づく比較。Access専用

※InStrRevは1文字1換算で位置を返します。

使用例

使用例結果
InStrRev("プチモンテ", "モ")3
InStrRev("petitはプチです。", "は")6

Visual Basicの文字列関数

関数名内容
Asc/AscB/AscW指定した文字のコードを返す
Chr/ChrB/ChrW指定した文字コードに対応する文字を返す
Format書式指定された文字列を返す
InStr/InStrB先頭から文字列を検索して位置を返す
InStrRev後方から文字列を検索して位置を返す
LCase文字列を小文字に変換する
Left/LeftB文字列の左側(先頭)よりN個の文字列を切り出す
Len/LenB文字列の文字数(バイト数)を取得する
LTrim文字列の左側(先頭)にあるスペースを除去する
Mid/MidB文字列の指定した位置からN個の文字列を切り出す
Right/RightB文字列の右側(後方)よりN個の文字列を切り出す
RTrim文字列の右側(後方)にあるスペースを除去する
SpaceN個の空白を返す
StrComp2つの文字列を比較して結果を返す
StrConv文字列を指定書式へ変換して返す
String文字列をN個作成して返す
StrReverse文字列の並びを逆にして返す
Trim文字列の前後のスペースを除去する
UCase文字列を大文字に変換する
Val文字列を数値に変換する

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年07月06日
記事NO:01112