ホーム > カテゴリ > Excel >

行、列、シートの表示・非表示を設定する[Excelの基本操作(初級)]

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

次にワークシートを新規作成します。値は入力しなくて良いです。

操作対象

リボンの「ホーム」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

行を表示しない

C3を選択して「行を表示しない」をクリックします。

行番号をみてみると3行目が非表示になりました。

列を表示しない

C4を選択して「列を表示しない」をクリックします。

列番号をみてみるとC列が非表示になりました。

行を再表示

B2、B4を範囲で選択してから「行を再表示」をクリックします。

3行目が再表示されましたね。

列を再表示

B3、D3を範囲で選択してから「列を再表示」をクリックします。

C列が再表示されました。

上記の4つの機能は行番号または列番号の上でマウスの右クリックで表示されるポップアップメニューでも同様な操作が可能です。

下図はC列の上で右クリックした際に表示されたものです。

シートを表示しない

「シートを表示しない」をクリックします。

アクティブ(選択されている)シートが非表示になりました。

シートの再表示

「シートの再表示」をクリックすると「再表示」ウインドウが表示されます。

表示するシートを選択してOkボタンを押します。

非表示だったシートが表示されました。

シートの表示・非表示の機能は各シートの上でマウスの右クリックで表示されるポップアップメニューでも同様な操作が可能です。

下図はSheet1の上で右クリックした際に表示されたものです。

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS






関連記事



公開日:2015年04月18日
記事NO:00757