TOP > カテゴリ > Windows >

ハードディスクをSSDにしてメモリを増設する [パソコン増強]

今回は「SSD/メモリの選定方法」に注目してご紹介します。

費用は2万円以内

前提条件

既存のハードディスク(C:¥)をデータ保存用にD:¥として使用する。

購入パーツ

SSD
(240GB)
Transcend SSD 240GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS240GSSD220S¥9,999
メモリ
(8GB)
Team デスクトップ用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 ECOパッケージ (4GBx2)¥6,980
SSD
の土台
オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B)¥400

SSD 240GB ※Win7(64bit)、Office365インストールで残り約174GB。

メモリ 4GB × 2枚 ※メモリは同一メーカ、同型番のペアが良い。

SSDの土台 ※これにSSDを取り付けて、PCケースのドライブベイに設置。

1. はじめに

部品を購入する前にやるべき事は「マザーボードの型番、メモリの種類/スロット数、SATAの対応状況」などを調査します。

2. DirectX診断ツール

Windowsの方はキーボードの「Ctrl+R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを起動します。その名前に「dxdiag」を入力します。

OKボタンを押すと、DirectX診断ツールが起動します。

システムモデルにはマザーボードの型番。プロセッサにはCPUの名称が表示されています。

現時点で判明したデータ

マザーボードB75M-D3V-JP
CPUCore i5-3470

3. CPU名称からメモリの種類を判別する

「Core i5-3470」をネットで検索して製造元のインテルの製品情報ページを開きます。

このCPUの開発コード名は「Ivy Bridge」。使用できるメモリの種類は「DDR3 1333/1600」です。最大メモリ32GB、ECCは未対応。

現時点で判明したデータ

マザーボードB75M-D3V-JP
CPUCore i5-3470
メモリDDR3 1333/1600 ※ECC未対応

4. マザーボードの確認

パソコンのケースを開けて、マザーボードを確認します。

マザーボードの型番、メモリ関連

次の写真からわかる事はマザーボードはGIGABYTEの「GA-B75M-D3V-JP」。メモリの種類は「DDR3」でメモリスロット数は「2」です。

メモリはSanMax Technologiesの「4GB 2Rx8 PC3-12800U-11-10-B0 SMD-4G68H1P-16KZ」ですので、チップ規格はDDR3-1600でモジュール規格はPC3-12800となります。

※メモリの種類のDDR2DDR3DDR4などの詳細はWikipedeia参照。

現時点で判明したデータ

マザーボードGA-B75M-D3V-JP
CPUCore i5-3470
メモリの種類DDR3-1600(PC3-12800) ※ECC未対応
メモリのスロット数2個

SATAの対応状況

写真ではSATA2が2個(4,5)ありますが、実際にはSATA3が1個、SATA2が5個ありました。

※マザーボードの型番でネット検索すると詳細が判明する場合があります。

SATA3がある場合はSATAケーブルがSATA3に対応しているか、確認すると良いです。SATA3にSATA2のケーブルを使用すると「転送速度がわずかながら遅くなる」ので注意してください。

次の写真では6GとあるのでSATA3対応ケーブルです

SATAの詳細はWikipedeia参照。

現時点で判明したデータ

マザーボードGA-B75M-D3V-JP
CPUCore i5-3470
メモリの種類DDR3-1600(PC3-12800) ※ECC未対応
メモリのスロット数2個
SATA31個
SATA25個

基本的にはこれだけデータがあれば十分ですが、メモリは「低電圧版や最大メモリー帯域幅」なども確認すると良いです。詳細は対象CPUのメーカーページの「メモリーの仕様」やWikipediaをご覧ください。

次はパーツの購入です

5. パーツを購入する

SSD

SATA接続のものであれば、お好きな容量のものを購入して下さい。私はWin7のサポート終了の2020年1月まで動作すれば良いので、お手頃な価格のSSDを購入しました。(SATA接続以外のSSDもあるので注意。)

マザーボードがSATA3に対応していない場合は、SATA2を使用することになります。その場合は理論上、転送速度が遅くなりますのでご注意下さい。

メモリ

同一型番のペアのメモリを購入すると良いです。

SSDの土台

土台はなくても平気ですが、できればあった方が良いです。

6. Windowsのライセンス

自作パソコン(DSP版)の場合はライセンス認証をする必要があります。

メーカーパソコン(OEM版)はマザーボードに紐付いているのでライセンス認証はありません。CD/DVDからOSをインストールするだけで完了です。

7. フォーマット

SSDにWindowsをインストールしたら、HDDをフォーマットします。

「コンピュータ」を開いて、対象ドライブを右クリックで「フォーマット」でオプションを「クイックフォーマット」にしてフォーマットを開始します。

この作業は数秒で完了します。

8. ドライブ文字の変更 (任意)

「コンピューター」アイコンを右クリックして「管理」を押します。次に「記憶域」の「ディスクの管理」でドライブの文字を任意に変更します。

9. SSDとHDDの使い分け

SSD・頻繁に使用するOfficeなどのアプリをインストール
HDD・データファイルの保存
・あまり使用しないアプリをインストール

以上となります。お疲れ様でした。





関連記事



公開日:2017年09月11日 最終更新日:2017年09月21日
記事NO:02564