TOP > カテゴリ > Windows >

MSゴシック系のフォントが薄くなる [Win10 1903アップデート]

Windows10 Homeのバージョン1903へのアップデートでMSゴシック系のフォントが薄くなる、見ずらくなる不具合の対処方法です。

フォントが薄くなる現象

[アップデート前]

[アップデート後]

[アップデート前]

[アップデート後]

エディタは秀丸、ブラウザはChromeで共にMSゴシックを使用しています。MSゴシックのフォントはIPMsgなどWindowsアプリの全般で利用されています。

最初にやったこと

フォントの「ClearTypeテキスト調整」を行う。
別マシンからフォント(msgothic.ttc)をコピーして再インストール。
モニタ本体の輝度などの明るさ設定を調整する。

はい、効果はありませんでした。

私の場合は主にプログラム(秀丸)で使用するフォントなのです。代替品としてプログラム専用の「源ノ角ゴシック」などを試して見ましたが、本質的な問題解決とはなりません。

何をすれば良いか。

ネットで「MSゴシック フォント 薄い」などで探しても解決するような記事は見つかりませんでした。

そこで、Windows10のOSを色々確認していると、デバイスマネージャーの[モニタ][汎用PnPモニター]の[イベント]タブを確認するとタイムスタンプがWindows10 バージョン1903へのアップデートの時間でした。

モニタ・・・。出力はグラボか・・・。・・・!。

そうです。グラボのドライバの更新を試していませんでした。

グラボはNVIDIA(エヌビディア)のGeForce 1080Ti(11GB)なので、公式サイトのドライバダウンロードでダウンロードして再インストールしました。

そして、見事にMSゴシックのフォントが薄い現象は解決しました。

結論

Windows10 Homeのバージョン1903へのアップデートは「グラボのドライバを壊す」または「グラボのドライバ設定を変更」する可能性がある破壊的アップデートという事でした。

※グラボのドライバ側が対応してなかった可能性もあります。





関連記事



公開日:2019年08月30日
記事NO:02764