TOP > カテゴリ > HTML5・JavaScript >

canvasに画像をタイル状で並べる[画像を繰り返し塗りつぶす]

HTML5のcanvasで画像をタイル状に並べる方法をご紹介します。自分で関数などを作成する必要はなく標準機能で可能です。

まずは実行結果から

[使用する画像]

[タイル状にならべた結果]

プログラムコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
</head>
<body>
  <canvas id="MyCanvas"></canvas>
  <img id="img_test" src="test.gif" style="display:none;">
  <script>
    // キャンバスの取得
    var canvas = document.getElementById("MyCanvas");
    
    if (canvas.getContext) {
      // コンテキストの取得
      var ctx = canvas.getContext("2d");     
      // イメージの取得           
      var image = document.getElementById("img_test");

      // イメージが読み込まれた
      image.addEventListener("load", function () {
        
        // 対象のイメージを5個分配置する
        canvas.width  = image.width  * 5;
        canvas.height = image.height * 5;
          
        // 現在のパスをリセットする
        ctx.beginPath();
        // 繰り返しパターンの作成
        var pattern = ctx.createPattern(image, 'repeat');
        // 塗りつぶしスタイルの設定
        ctx.fillStyle = pattern;
        // パスに矩形のサブパスを追加する
        ctx.rect(0,0,canvas.width,canvas.height);
        // 現在の塗りつぶしスタイルでサブパスを塗りつぶす
        ctx.fill();
        
      },false);
    }
  </script>

</body>
</html> 

繰り返しパターン

29行目のcontext.createPattern()の第一引数にはイメージ、第二引数には繰り返しパターンを設定します。この例では「repeat」を指定していますので垂直方向/水平方向の両方向に対して繰り返しをしています。

第二引数に「repeat-x」を指定すると水平方向のみ繰り返します。

第二引数に「repeat-y」を指定すると垂直方向のみ繰り返します。

その他

タイル状に塗りつぶす対象はサブパスですので、円形/三角形なども可能です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
</head>
<body>
  <canvas id="MyCanvas"></canvas>
  <img id="img_test" src="test.gif" style="display:none;">
  <script>
    // キャンバスの取得
    var canvas = document.getElementById("MyCanvas");
    
    if (canvas.getContext) {
      // コンテキストの取得
      var ctx = canvas.getContext("2d");     
      // イメージの取得           
      var image = document.getElementById("img_test");

      // イメージが読み込まれた
      image.addEventListener("load", function () {
        
        canvas.width  = 300;
        canvas.height = 300;
          
        // 現在のパスをリセットする
        ctx.beginPath();
        // 繰り返しパターンの作成
        var pattern = ctx.createPattern(image, 'repeat');
        // 塗りつぶしスタイルの設定
        ctx.fillStyle = pattern;
        // パスに三角形のサブパスを追加する
        ctx.moveTo(120, 10);
        ctx.lineTo(10, 230);
        ctx.lineTo(230, 230);
        ctx.closePath();
        // 現在の塗りつぶしスタイルでサブパスを塗りつぶす
        ctx.fill();
        
      },false);
    }
  </script>

</body>
</html> 

以上となります。





関連記事



公開日:2016年02月17日
記事NO:01771