ホーム > カテゴリ > HTML5・JavaScript >

React・Vue.js・JQueryで同じSPAを作成して比較してみた

SPAはSingle Page Application(シングルページアプリケーション)です。

1. DEMO

React

https://www.petitmonte.com/rails-demo/react_crud <ソース>

Vue.js

https://www.petitmonte.com/rails-demo/vue_crud <ソース>

JQuery(+Vanilla JS)

https://www.petitmonte.com/rails-demo/jquery_crud <ソース>

※Vanilla JSは純粋のJavaScriptです。

2. コード量

「生のコード」は記述したコード量です。「圧縮後」は各フレームワーク本体、IE対応ライブラリなどを含む。RailsのWebpackerでコンパイル。

生のコード圧縮後ソース
React10,815バイト320KBreact_crud.jsx
Vue.js8,173バイト221KBvue_crud.jsvue_curd_component.vue
JQuery9,016バイト142KBjquery_crud.js

3. 作業日数

熟知していれば、どのフレームワークを使用しても1日以内で作成可能です。

結論

各フレームワーク初心者の私が3つを作成した上での結論です。

Reactは仕様が厳格で開発者向け。プログラムをやってる感じがあるので非常に楽しいです。Vue.jsはPHPに似ていて自由度が高くデザイナー寄りのプログラマ向け。もしくは短期間で開発を行いたい方用です。JQueryやVanilla JSでもSPA開発は可能ですが、サニタイズやコードの記述ミスでバグが発生しやすいので、業務では選択されないと思います。

ちなみに、React、Vue.jsの人気度の動向です。拮抗しています。

プログラムはアセンブリ言語からC言語、C++言語などのクラス、オブジェクト指向から、現在はフレームワークの世界へ突入しています。

最近ではプログラミングスクールで3か月、6か月の間、学習してWeb系のフリーランスになるという記事をよく見かけますが、これは「フレームワーク」と「若さ」のおかげでしょう。

そもそも、SESで常駐案件だと「単なる派遣」と変わらない気もしますが。

エンジニア(技術者)ならば、仕事は貰うものじゃなくて、自分で作るものにしたいものです。私も個人事業主なので、その為に日々精進しています。

とはいえ、昨今は商品・役務(サービス)の供給過剰で、作っても売れる時代じゃなくなりました。世界レベルまで技術を追い求めるか、技術レベルは低いがアイデアで勝負するか、この分岐点には経営思想・センスが問われます。

とか、脱線して関係ない事も書いてみました :-)






関連記事



公開日:2020年03月17日
記事NO:02825